育児をしているとなかなか自分の時間を作ることが難しく、イライラしてしまうことがあるお母さんも多いでしょう。イライラしてつい子供に八つ当たりをしてしまい、虐待までヒートアップすることもニュースで見かけることが多くなってきました。上手に自分の時間を作り、息抜きをすることがお母さんにはとても大事です。
しかし、最近では核家族が増えており、他の人に子供を見てもらうことができないお母さんもいます。お父さんは仕事で忙しかったり育児に消極的だと、お母さんは育児に家事と自分の時間を作ることはできないでしょう。

そこで、少しでも自分の時間を増やすための3つご紹介しましょう。

1、子供が起きている時こそ、家事をしましょう

子供が起きているから家事が出来ないと考えてはいけません。子供が寝ている間に、どれだけ自分の時間を作れるかが大切です。しかし、子供を放置するわけではありません。家事をしている近くで遊ばせて、時々声をかけたり、目を合わせてあげることが大切です。子供がぐずってきたら、家事を中断し子供に集中してあげることが大切です。
子供の生活リズムがお母さんは分かっていると思います。機嫌がいい時間帯でできる家事をしていくことで、寝ている間の時間を少しでも多くしていきましょう。

2、離乳食作りは1日1品

赤ちゃんの離乳食を作るのはとても大変で時間もかかりますよね。まとめて作ればいいのですが、その時間もお母さん1人だと作れません。そこで自分で作るルールを作りましょう。
それが「1日1品」。1日1品ならそこまでの負担もなく作れるでしょう。作る量は、数回分の量をまとめて作り保存しましょう。もし、品数が足りない時には、市販のベビーフードを1品使用しましょう。上手にベビーフードを活用することも必要だと思います。

3、規則正しい生活をさせましょう

子供に規則正しい生活をさせることは大切です。規則正しい生活は、子供の成長にも大きく影響します。そして、夜早く寝ることで、夜の時間は自分の時間として使うことができます。
生後3ヶ月頃から、昼夜の区別がつくと言われています。朝8時までに起き、夜の10時までには寝かしましょう。夜10時~2時の間は、成長させるために必要なことが身体で色々と起こり始める時間帯です。その時間に寝ることで、より子供を成長させることができます。そのためには、お昼寝は午後4時~5時には済ませるようにしましょう。

最後に…

3つご紹介しましたが、育児も家事も自分のペースで進めていくことが大切です。まずはこの3つを始めていき、自分にあった方法を見つけていきましょう。子供の事を1番に考え、子供の生活リズムに合わせたうえで自分時間を作るようにしましょう。

本当に辛い時には、早めにお父さんや周りの人に助けを求めるましょう。

この記事を書いたユーザー

莉嘉mama このユーザーの他の記事を見る

2015年4月に息子を出産
旦那(自称:大きな子供)との3人家族

家事に育児で大変だけれど、どうにか自分の時間を作るために「手抜き生活」を実践中

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス