記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
季節によって流行する病気はいろいろありますが、秋に増えやすくて怖いのが、食べ物によって感染する「腸炎ビブリオ菌」「ウェルシュ菌」による感染性腸炎です。感染性腸炎は、原因菌が違っても症状が似ているため、区別が難しいようです…。

今回はこの腸炎ビブリオ菌・ウェルシュ菌のそれぞれの特徴や予防法について、医師に詳しい話を聞いてきました!

細菌による感染性腸炎とは…

細菌による感染性腸炎の主な症状は
・腹痛
・下痢
・発熱
・下血
などです。

症状が似ているため、症状や血液検査だけで細菌を区別することは難しいです。これらの細菌の共通点は、

・ある程度の量の細菌が身体に入らないと感染しないこと
食べ物を加熱調理しても感染を防げないことがあること

などがあります。しかし、それぞれが細菌としての性質が異なります。

1. 腸炎ビブリオ菌

腸炎ビブリオ菌に汚染された食べ物を摂取してから、数時間から半日程度で、腹痛、下痢、発熱を起こします。症状がひどくなければ市販の整腸剤などで治ることが多いですが、小児や高齢者や持病がある人は症状の度合いに関わらず、病院で受診した方がいいでしょう。

【腸炎ビブリオ菌の特徴】
・生魚を食べる日本人に多い感染性腸炎を起こす細菌
・塩分を好む細菌
・捕獲後時間が経っている魚介類を食べることによって感染することが多い

【感染を予防するには】
・生の魚介類を食べる時は、購入後なるべく早く食べる
・なるべく早く冷蔵庫で保存する
・調理する前に魚介類を十分に水洗いする
・魚介類を切ったまな板や包丁はよく洗ってから、他の調理に使う

腸炎ビブリオが産生する毒素は加熱しても破壊されないので、誤って室温に長時間放置してしまった魚介類は、たとえ加熱調理しても食べないようにした方が安全です。

2. ウェルシュ菌

ウェルシュ菌に汚染された食べ物を摂取してから半日程度で、腹痛、下痢、発熱を起こします。多くの場合、症状はそれほどひどくはならず、2〜3日で治まりますが、小児や高齢者や持病がある人は症状の度合いに関わらず、病院で受診した方がいいでしょう。

【ウェルシュ菌の特徴】
・土壌や水に常在する細菌
・牛肉、豚肉、鶏肉などが原因となる場合が多い
・酸素がない環境を好む
・ひとたび細菌が肉に侵入してしまうと、そこで増えてしまう

【感染を予防するには】
・料理は室温で保存しないで冷蔵庫で保存する
・残った料理は小分けにして保存

ウェルシュ菌については塊肉が安全だと言い切れない点に注意が必要です。また加熱しても死滅しない細菌であるため、前の晩に作った煮込み料理を翌日に食べる場合、汚染した材料が含まれていると保存によって細菌が増えてしまいます。一度に多くの感染者を出さないよう、残った料理は小分けにして保存しましょう。

≪自分で食べ過ぎと思っていなくても、胃腸はもう限界かも…≫
1分で簡単チェック【胃腸のお疲れ度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

腸炎ビブリオ菌とウェルシュ菌はいずれも感染性腸炎の原因菌ですが、多くの場合、それほどひどい症状は起こしません。しかし秋は「涼しくなってきたから感染性腸炎は起きない」と安易に考え、食品の水洗いや保管がおざなりになることがあるので、かえって注意が必要です。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス