記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
およそ一ヶ月の生理周期は、女性の身体と心に大きな影響を与えますよね。変化のとても大きい人、比較的マイルドな人、いろんなタイプの方がいますが、生理周期が全く体調や気分に影響を与えない、という女性はとても珍しいのではないでしょうか。

特に、話題になるのがPMSとも呼ばれる排卵後、生理前までの症状です。イライラ、もの悲しさ、涙もろくなったり、身体もむくむ感じがして重く、便秘がちになったり吹き出物が出たりもして、本当に不調な方が多いですよね。いつもの自分とは違った行動をとってしまうことも多く、パートナーや家族ともぎくしゃくしてしまいがちです。また、生理後は身体もスッキリし、気持ちも前向きな気持ちになりやすい、ということもよく知られていますよね。

それ以外にも、実は心や身体は生理の周期でかなり変化しているんですよ。今回は、あまり他人と話したりする機会の少ない生理周期と性欲についてお話ししたいと思います。

一番性欲が高まるのは…

生理の周期で性欲が増減する…いわれてみれば、そんな気がする方も多いのではないでしょうか。思い当たる方は、考えてみてください。ちょっとドキッとするような質問ですが、一ヶ月のうち、最もセックスがしたい気持ちになる時期はいつなのか、考えてみてください。

生理中や生理前は体調や気分の問題から除外するとして、気持ちが高まりやすいのはちょうど排卵期の頃と言われています。皆さんは自分の排卵期がいつごろかご存知でしょうか。基礎体温をつけている方は、わかりやすいかと思います。生理周期などにもよりますが、大体一ヶ月前後で順調に生理が来ている方は、生理開始日から二週間後くらい、あるいは次の生理予定日の二週間前くらいに排卵日があると考えていただくとおおよその日付がわかるかもしれません。

排卵期に性欲がアップする理由は?

排卵の数日前から排卵期になると、エストロゲンというホルモンが身体の中で非常に多くなります。気持ちも積極的になりますし、身体もむくみが取れて軽くなるせいか、おしゃれしよう、新しいメイクに挑戦してみようという前向きな気持ちになりやすくなります。

また、体調も良いことからか、何もしなくても女性的な魅力があふれてキラキラ輝いて見えることが多く、異性を引き寄せやすくもなりますね。この時期に性欲が高まって、性的な接触を求める気持ちが強くなる人が多いというのは、妊娠して子孫を残す、という人間の本能からすると、非常に理に適っているのではないでしょうか。

魅力もアップ?

男性からも非常に魅力的に見えて、アプローチされやすく、女性の側でも性欲が高まる排卵期。普段より自分に自信を持てて、積極的になりやすいのも大きなポイントです。パートナーとの関係が何となくマンネリ…というかたや、意中の彼と近々、次の段階に進みたい、というかたはこの時期にデートの予定を立ててみるのも良いかもしれませんね。

≪気になるパートナーの性欲度チェック≫
本当はパートナーはベットタイムに前向きじゃないかも…知りたい?

【医師からのアドバイス】

ただ、男女ともに燃え上がりやすい時期ですから、後になって大きな後悔をしないように避妊、性感染症予防の準備だけは万全にしてきましょうね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス