広告代理店の若手はかわいそうだなぁ、と。

「説明」と「調整」ばかりで、ちっともクリエイティブじゃない

電通のような大手代理店ってほら、大企業相手じゃないですか。そうすると、「説明」と「調整」が業務の大半を占めますよね。

プランナーなのに、ずっと上司とクライアント向けの説明資料を作っている、みたいな。で、わかってもらえないと前に進めないわけです。

慣れ切っちゃうとそれも仕事だと思いこめるようですが、説明と調整は、創造的な仕事ではありません。実際何も生み出してないですよね。そんな時間があるなら、世の中にインパクトを与えてください。

上司を、クライアントを説得するのに一日を費やしてどうするんですか。仕事の相手は選びましょう。ぼくは説明しなければいけない相手とは、仕事をしません。

そんな暇はないのです。今日死ぬかもしれないので、ひとつでも多く世の中に作品を出していきたいのです。

説明と調整が上手くなることと、創造性を高めることは別の話です。むしろ、それらの能力を高めれば高めるほど、つまらない発想しか出てこなくなります。

それ、「自分の仕事」なの?

大手広告代理店はあまりにも多くの人が関わっているので、「自分」が希薄になります。

「これは自分の出した成果だ!」と自信を持って語ることはできませんし、そう語ると「アレオレ詐欺(他人の成果をさも自分の手柄であるかのように吹聴するような行動)」呼ばわりされます。

「チームで作ったんです!」という話はさも美徳のようですが、なんというか、世の中はそんなに甘くありませんよ。広告商売やっているならわかるでしょう?人はタレントを求めるのです。

その意味で、健全な自己顕示欲を持っている人は、広告代理店のサラリーマンには向いていません。黒子に徹する人生が好きなのなら、向いていると思います。

もっとも、今は「私は黒子に徹する」なんて言ってられるほど甘い時代ではないとも思いますが。スターにならないと、生きていけませんよ。

その商品、自分で消費するの?

もっとも根本的なのがこれ。広告代理店の若者たちは、基本的に時代の最先端を行っているわけです。みなさんセンスいいですよね。お世辞とかではなく。

で、そういう人たちって、自分たちのクライアントの商品を消費しないんですよ。わかりやすい話で、今は「マクロビ」とか流行っているわけです。イケてる若手広告パーソンは、どちらかというとベジタリアン志向でしょう。

が!彼らは仕事でマクドナルドの広告戦略を提案しちゃってたりするわけですよ。それはちっとも筋が通ってないし、いい企画は出てこないでしょう。「ベジタリアンがマクドナルドのCMを作る」式のブラックジョークみたいな話を、実際に見聞きしますよ。

マクドナルド云々は話をわかりやすくするための例ですが、得てして「感度の高い広告パーソン」ほど、自分が扱う大手企業の商品をむしろ忌避する傾向があるように感じます。

もう、時代の流れが変わっているんですよ。大量消費大量生産のパラダイムから抜け出さなければいけないことは、センスのいい人はみんなわかっているんです。でも、仕事の現場はそのシフトについていけていない。

自分が買いたくもない大衆的な商品を宣伝しなきゃいけない若手は、きついと思いますよ。まったくワクワクしませんから。下手すると「罪悪感」すら抱きます。さらに下手するとうつ病になります。

地方なら、あなたはもっと活躍できます

はい!そこで移住ですよ。ここまでご覧いただきありがとうございました。いつものオチでございます。

なんども書いていますが、地方にはプランナーが足りません。広告的な発想ができる人材が、どの地方にも欠如しています。なにをするにしても、地方の人はみなさん「普通」にやっちゃうんですよ。「面白くやろう!」みたいな発想がそもそもないんですよね。

なので、地方に行けばプランナーは大活躍できます。もう、その存在は「魔法使い」です。高知だと土佐山アカデミーの吉冨さんがスーパープレイを見せていますね

彼は広告代理店出身のプランナーです。一人で「知事コン」企画して県知事巻き込んで全国放送に露出したりしているので、まぁレベルが違います。すごすぎ。

地方は話が早いですよ。県知事レベルでも、一人で動かせちゃうレベルですから。高知県の尾崎知事はとてもノリがいいです。鯖江市長なんかも最高にノリが良さそうですね。電通に勤めていたら、一人で知事を動かすのはできないのではないでしょうか。

まぁ、ここら辺の事情は地方に来てみればわかります。地方といっても多様なので、移住者が集まっていて、地域を盛り上げる機運がある地域を目指してみてください。

求人サイトでいえば、京都とか福岡の求人が載っている「ワークポート」、地方求人を増やしている「ビズリーチ」「パソナキャリア」あたりがおすすめです。

ぼくは断然、高知県が一押しですね。お試し移住施設もありますし、Airbnbで泊まれる宿も増えているので、取れるかわからない有給を奇跡的に取ることができたら、ぜひ遊びに来てください。

というわけで、まだ東京で消耗してるの?

なお、大手代理店の「若手」からの反論も歓迎です。ブログ持っていない人は、NewsPicksあたりで長文書き込んでおいてください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス