記事提供:子ある日和

我が家待望の第一子長男坊のキミ。

病院に居た時はよく寝て、泣かなくて、「子育てって楽勝♡うちの子はとってもいい子♡」なんて思っていた。でも、子育てはそんなに甘くなかった。

キミに時計が読めるはずはないのだけれど、決まって夕方になると、大きな声で泣き出したね。それも毎日夕飯の支度が整って、「さぁ食べるぞ!」ってその時にね。

抱っこしながら、おっぱいあげながら、こっちも泣きたい気持ちになりながら、毎日ご飯を食べた。

あぁ、きっとこれには、いつか終わりがあって、今日より明日、楽になるんだと、必死に自分に言い聞かせていたっけ。

キミには罪は無いけれど、普通より小さかった君は、オムツからおしっこもウンチもよくこぼしていたね。

お着替えさせて、シーツをかえて、ごしごし服を洗って、やっと戻ってきたら、またお布団がしっとりしてて、何とも情けなくて、やるせない気持ちになったっけ。

あぁ、きっとこれには、いつか終わりがあって、今日より明日、楽になるんだと、気持ちを奮い立たせて、億劫な作業を繰り返していたなぁ。

「今が1番可愛い時よ!」って、たくさんのおばちゃん達に、口々に言われたけれど、心の底からはそんな風には思えなかった。

一生懸命尽くしても笑いもしない、それどころか、反応は「泣くことだけ」。

何のためにこんな苦労をしているんだろう。

正直、泣きわめくキミを憎らしく思うことさえあった。

早くこの一日が過ぎて、少しでも泣かないように、お世話が楽になるように、と願ってやまなかった。

でも、キミが成長するにつれて、夕方もご機嫌に過ごせるようになった。おしっこもウンチも、オムツの中に収まるようになった。

そして、首が座って、腰が座って、つかまり立ちが出来るようになって…

私が見当たらないと、泣きながらハイハイして、探してくれるようになったね。

見つけると、とびきりの笑顔で向かってきてくれるようになったね。

私が作ったごはんを、口をくわんくわんにしながら、美味しそうに食べてくれるようになったね。

ズボンの裾を引っ張って、私を振り向かせては、嬉しそうに

「うー!!」と笑うようになったね。

あなたに必要とされるたびに、

「お母さんがだいすき!ぼくはとってもしあわせ!」

と言われているようで、キミが可愛くて可愛くて可愛くて!!

そのまんまるで、はち切れんばかりの笑顔。お腹の底からのゲラゲラという笑い声。

「今が1番可愛い時」なんて嘘。昨日より今日の方が可愛いかった。と思って眠りにつく日が、もう半年以上も続いている。

次は何が出来るようになるんだろう。

どんな表情を見せてくれるんだろう。

毎日ワクワクしながら目が覚める。

こんな風に思えるようになったのはいつからだろう。思い出せないくらい、ずっとずっと私はしあわせ。

あぁ、きっとこれには、いつか終わりがあって、キミは大人になる。私を必要としなくなる日がくるんだね。そう思うと、ぎゅっと胸が苦しくなる。

でもその時がくるまでは、今日より明日キミは大きくなって、今日より明日キミは出来ることが増えて、私はキミのことがより一層愛おしくなる。

お母さんはキミが大好きだよ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス