噂には聞いていたけど、妊娠して本当にハマった食べ物。もう、ソレが食べたくて食べたくて。それを食べるとスッキリするし、ハッピーになれる。もうソレに恋している感じ。

あなたは何にハマりましたか?今妊娠中でハマっている方。ソレと上手く付き合う方法を教えます。

ファストフード

妊娠中に食べたくなったもので、ダントツ多かったのがファストフード。しかも、「マックのポテトが食べたかった。」「ケンタッキーのチキンが食べたかった。」などこだわりをもつ人も多いようです。

ファストフードが食べたくなる原因

妊娠中にやたらジャンクフードが食べたくなるのは、悪阻の一種です。その原因は、妊娠によってホルモンバランスが変化し、その影響で自律神経までいつもとは違う状態になるからだと言われています。では、数ある食べ物の中で、どうしてジャンクフードなのでしょうか。それは、妊娠中に様々な味覚変化がありますが、中でも塩味の感度だけが著しく低下する妊婦さんがジャンクフードにはまるようです。また、塩味を食べると吐き気が弱まる傾向にある妊婦さんは、特に外出先でジャンクフードを食べたくなると言われています。

出典 http://www.mutubunben.com

ファストフードが食べたくなる人に摂取してほしい栄養

体に良くない事も塩分が多い事も百の承知でしょう。しかし、妊娠中は止めようと思っても止められません。なので、そんな人に摂取してほしい栄養とは。

塩分を体外に排出しやすくするため、カリウムを多く含む食品(豆製品・海藻類・きのこ類)を食べるとよいでしょう。

出典 http://ixil.info

トマト

私は妊娠していた時に食べたかったのはトマトでした。トマトジュースは1日に2〜3本。そうめんにトマトを入れて食べるのが大好き。仕事帰りにトマトを買って帰るのが楽しみでした。今ではそこまで食べたくはないのですが。やはり妊娠中にトマトにハマる人も多いようです。

トマトが食べたくなる原因

トマトの酸味がムカムカを減らしてくれます。お腹に食べ物が入るので吐き気も治まってきます。たくさん食べると逆に気持ち悪くなるので注意を。

出典 http://www.funinnonayami.com

トマトが食べたくなる人の注意点

トマト自体は妊婦に必要な栄養が取れるのでたくさん食べても問題はないようです。ただし、注意した方がよい事もあります。

トマトを食べる際にドレッシングなどをかけすぎると、塩分が気になりますので、ドレッシングなどは控えめにしましょう。
また、トマトジュースを飲まれる場合は、塩分の入ってるものをたくさん飲むと、高血圧が気になります。ですので、飲まれるのでしたら無塩のものを飲むようにしましょう。

出典 http://ninpy.com

生野菜にはトキソプラズマが付着している場合があります。
ですので、食べる際はしっかりと洗ってから食べるようにしましょう。

出典 http://ninpy.com

カレー

私の母は妊娠中にカレーが食べたかったと言っていました。妊娠中はこってりした物が食べたいという人も多いです。

カレーを食べても大丈夫か心配になっている方

いろんなスパイスが入っていて刺激が強いから胎児に問題があったらどうしようとおもっている方もいるでしょう。安心して下さい。影響はないので食べても大丈夫です。

カレーの香辛料を摂取することにより胎児に何か起こるといったことはないです。むしろ、香辛料の作用により新陳代謝が活発になり妊婦に大敵とされる冷えの対策にもなります。
では、なぜカレーなどの刺激物が良くないと言われているのかというと、主たる理由は上記でも書いたように、刺激のあるものは基本的に塩分が高いためです。

出典 http://ninpy.com

カレーが食べたくなる人の注意点

市販のカレーのルーには
動物性の油分が多く含まれていますし、
添加物も多く使用されていますので、
食べすぎると太る原因になりますし、
健康にも良くないでしょう。

出典 http://ninpy.com

たまに食べる分には問題ありませんが、ちょくちょく食べたいという場合は、自分でルーを作るか、植物油使用で無添加のルーなんかも販売されていますので、そういったものを使用すると良いかと思います。
自分でルーを作る場合は、塩分の調節もできますので、ご自身で作られるのが一番良いかと思います。

出典 http://ninpy.com

妊娠中に氷が食べたくて、そのままガリガリ食べていたという人もいますがちょっと注意が必要です。

氷が食べたくなる原因

なぜか急に氷が無償に食べたくなるのは、「氷食症」になっている可能性があります。
氷食症とは、氷を無性に食べたくなる病気のことで確固たる原因は不明とされていますが、ストレスなどによる精神疾患や鉄欠乏性貧血、もしくはその前駆状態のときにこの症状が出ることが確認されています。なお、1日に製氷皿1皿以上食べるものという定義があります。

出典 http://ninpy.com

妊娠中の場合、特に後期に入ってからは貧血になりやすいため、鉄分が不足して氷食症になっている可能性があります。もちろん可能性の話なので、全員が貧血というわけではありません。
氷を食べたくなるのは、口の中の体温が高くなりそれを冷やすための行動ではないかと考えられています。

出典 http://ninpy.com

氷が食べたくなる人に摂取してほしい栄養

鉄分は身体に吸収されにくので、ひじきやレバー、ほうれん草、大豆などと一緒に、ビタミンCを含む緑黄色野菜や果物をとるようにしましょう。今後赤ちゃんが大きくなるにつれてお母さんの栄養も不足しがちなので、バランスのとれた食事を心がけてください。貧血が改善されれば、氷を食べたい思いも減少すると思います。

出典 http://ixil.info

体を冷やしてしまうと他にも問題が・・・

胎児への影響としては逆子になりやすくなる、
難産になりやすくなるということが言われたり、
胎児自身が体温を保護するために身体全体に
脂肪をまいて(胎脂)産まれてくることもあります。

出典 http://ninpy.com

ドーナツ

ドーナツに限らす菓子パンやスイーツなどの甘いものにハマった人も多いようです。私は逆にチョコや菓子パンの臭いがダメでした。

甘いものが食べたくなる原因

妊娠中に甘いものを食べたくなる原因というのは、胎児への栄養として、糖分であるブドウ糖が送られるからなんです。


母体の糖分を削って、胎児に送られるためやはりママは糖分が足りなくなって、甘いものを欲しくなるわけなんです。

出典 http://ninnpusan.com

甘いものが食べたくなる人の注意点

特に気をつけたいのが

体重増加と妊娠糖尿病です。


甘いものが欲しくなり、ついつい食べ過ぎてしまうことで、体重が増加して、脂肪が増加してしまいます。


すると陣痛が始まっても子宮口が開きにくくなります。


その他にも、代謝が悪くなり内臓機能の低下、便秘などにもつながりお腹の胎児にとっては悪影響しかありません。


また甘いものばかり食べることで妊娠糖尿病にかかる危険性もあります。妊娠糖尿病になると、胎児も糖尿病になりやすい体質になってしまいます。

出典 http://ninnpusan.com

その他

私の知り合いでは、ビールしか受け付けなくなったという人やチョークがサクサクして美味しそうで食べたかったという人もいます。

食べたかったソレには体からのメッセージが含まれている事があります。体からのメッセージを聞いて必要な栄養をとるのが大事ですが、もし妊娠中で気になる事があればお医者さんに相談する事をおすすめします。

関連記事

この記事を書いたユーザー

Maggoo このユーザーの他の記事を見る

オランダ在住、一児の母。最近インスタにハマっており面白いネタ探しに日々インスタ徘徊中。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス