引退から5年。日本の相撲を盛り上げてくれた朝青龍さんは、いまどこで何をしているのでしょうか?

朝青龍さんをおさらい

朝青龍明徳(あさしょうりゅう あきのり、1980年9月27日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士、第68代横綱。現在は実業家、タレント、コメンテーター、評論家、映画俳優、慈善家、モンゴル国レスリング協会会長として多方面に活躍している。

出典 https://ja.wikipedia.org

異国となる日本の国技で横綱まで上り詰めた朝青龍さん。15歳でモンゴル相撲を始め、相撲少年の部で優勝し、日本の明徳義塾高校に相撲留学の際スカウトにより部屋入りを果たしました。

幕内昇進以後の2001〜2010年まで日本の相撲界で活躍しました。取り組み以外の面でも良くも悪くも注目された人です。

そんな朝青龍さんが、相撲を引退して5年が経ったいま、どこでなにをしているのでしょうか…

母国モンゴルで事業を営み大成功

朝青龍は第68代横綱であったが、引退してから5年が経っており、現在は完全に日本を離れ、母国のモンゴルで事業を営んでいるそう。

もともとは小さな銀行から始まり、そこから不動産にも手を伸ばしたそうで、昨年からはドイツレストランのパブをオープンするなど、飲食事業にも積極的に取り組んでいるという。

出典 http://news.livedoor.com

横綱時代はテレビにも多く出演し盛り上げてくれていた朝青龍さん。引退後すっかりその姿を見なくなりましたが、母国であるモンゴルに帰国していたんですね。

ビジネスも桁外れの横綱級!?

朝青龍はモンゴルで、日本の関東全域に匹敵する大きさである50万ヘクタールの土地を所持しているとか。そこで農業を展開しようと考えているそうで、今年はそばの実を育て、11月に日本へと送る予定だという。

出典 http://news.livedoor.com

関東全域に匹敵する大きさって一体…。桁が違いすぎて言葉も出ませんね。この話をダウンタウンさんの番組で話した朝青龍さん。浜田さんをはじめとする出演者からも「桁が違いすぎる」と言われていました。

そんな朝青龍さんのTwitterを紹介します

相撲で頂点に立ち土俵を後にした朝青龍さん。ビジネスでも成功していたなんて驚きです…。事業の分野を各方面に広げその規模は桁外れ!

また日本のバラエティ番組に出てお茶の間を盛り上げて欲しいですね。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス