「どうして手がないの?」

Licensed by gettyimages ®

「どうして手がないの?」と聞かれたり、じろじろ見られたりする度に嫌な思いをする子供たち。聞いてくる子供たちには、もちろん悪意もなく、純真な好奇心です。しかし、純真な好奇心が、時にはイジメに発展してしまったり、義手を装着する子供たちの自信やプライドを捻じ曲げてしまったりする事も問題視されてきました。

その好奇心の矛先を変えてしまう、そして、義手を装着する子供たち自身の意識を180度ひっくり返してしまうような『最高にクールな義手』が開発されました。

発想の転換!人の目を引き付ける義手!

出典 http://www.12newsnow.com

イギリスに拠点を置くオープン・バイオニックス社がディズニーの協力を得て、全く新しい義手を開発してしまいました。

【本物の手とそっくりに見える事】【義手とはわからない様な精巧さ】が求めらるのが常の世界で、その常識をぶち壊し

「最高に
目立つ義手で格好いいヒーローになればいい」

、3Dプリント技術を使った、実用的で低価格の義手を開発しました来年末には販売が開始される予定で、従来ならば5,000ドル~40,000ドルといわれる義手の価格を大幅に下回る500ドル前後になる見込みです。

ファンタジーの世界が現実に!

開発された義手は三種類

写真左から順に、アイアンマン』、『アナと雪の女王のエルサ』そして、『スターウォーズのライトセーバー』です。

〖オープン・バイオニックス社は、ディズニーアクセラレーターと言われる、プロジェクトの対象者として選ばれています『技術革新を目指す人々の夢を現実に変えていこう。』というこのプロジェクトの対象に選出されると、ディズニーの他、マーヴェルやピクサー等の協力企業の知的財産を自由に使う事や、開発援助を受ける事が出来るのです。〗

低価格帯で、これだけの技術を駆使した、デザイン性のある義手の開発に成功したのは、こういう理由があったわけですね。

実際の装着

出典 http://gizmodo.com

LEDライト+バイブレーション機能搭載

出典 http://gizmodo.com

義手を装着して、夢のスーパーヒーローに扮する子ども達

出典 http://www.hypable.com

実際に、スターウォーズのライトセーバーの義手を装着し、細かい物を摘み上げたり、重ねたりする少年の様子です。義手にはそれぞれLEDライトが搭載されており、装着者の筋肉の動きに反応して光ります。これは、リハビリをするうえで、筋肉の動きを把握することにも役立つということです。

開発者の思い

今回、この義手開発を行ったオープン・バイオニックス社のCEOジョエル・ギバード氏はこの製品ついてこう語っています。

こういった装具に対する子供たちの見方を変えてしまう事が私たちの考えるゴールです。
これらの新しい義手の素晴らしいところは、一般の人が義手・義足に持つイメージを完全に覆してしまえるということです。

今までは、「どうして腕がないの?」と聞かれていた子供たちが、「それどこで買ったの?」「つけるとどんな感じなの?」「どうやって動くの?」と大興奮の友達に囲まれて、聞かれる様になる。

彼らの【最大の弱み】と思われていたものが、【最大の強み】と認識されるようになるのです。

まとめ

この義手をみて、顔を輝かせる子供たちの姿が目に浮かぶ様です。ありそうなアイデアなのに、今まで実用化されていなかったのが不思議なぐらいです。

これらの義手の発表を受けて、すでに、大人用のライトセーバーデザインの開発への要望も届いているという事です。子供だけじゃない!きっと、大人だって心が躍るような装具に目を奪われてしまいますね。

この記事を書いたユーザー

Maria このユーザーの他の記事を見る

オーストラリア在住。息子が生まれて一年半後、夫はアスベストが原因の悪性中皮腫という、これといって有効な治療法もない、強烈な癌を発症。そして、二年の闘病を経て他界しました。今は、5歳になった息子と二人、夫の眠る地で、毎日を大切に生きています。中皮腫の闘病記・アスベストの事・死別後の息子との二人三脚の毎日をブログに綴っています。http://ameblo.jp/maria1428

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 育児
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス