パソコンユーザーでもスマホユーザーでも「Google検索」を使って知りたいことを調べられる時代。
Google検索を利用している多くの人は、「ググる」何て言葉を使う方も多いぐらい、検索といえば「Google」といっても過言ではありません。

現在のGoogleは、人工知能の研究開発に莫大な資本を投じているとされており、Googleユーザーが知りたいことや実行したいことは人工知能アシスタントがこなしてくれる時代が来ても不思議ではありません。

「ググる」が検索ではなく、人工知能を利用することを指すようになる時代が近い将来来るでしょう。

しかし、現在のところ、私たちがGoogleを使いこなせなければ、意味がありません。

Google検索は、ただ単に調べ物をするだけでなく、自分の知りたい情報をいち早く知れる方法があります。

Google検索を使いこなして、あなたもGoogle通になりませんか?

1. 電卓を使う

出典1banbo4

Google検索の定番中の定番とも言えるのが、電卓の機能。

検索窓に「電卓」と入力して検索すると、電卓が表示されます。

【番外編】
検索窓に直接、計算式を入れてもOKです。

2. 食べ物のカロリーを調べる

出典1banbo4

カロリーを気にしている女子にはもってこいの検索方法。

例えば、「カップラーメン カロリー」と検索するとカップラーメンのカローリーを調べることが簡単にできます。

3. 荷物を追跡する

出典1banbo4

お荷物の追跡番号で検索すると、各運送会社のお荷物の追跡ページへのリンクが表示されます。

これでいちいち、各運送会社のページを開く手間が省けますね。

4. 電車の時刻を調べる

出典1banbo4

今から電車に乗るっていう時に便利なのが、時刻の検索。

Google検索で「出発駅 到着駅」を入力して検索すると出発時刻を調べることができます。

例えば、私の地元で言うとこんな感じ。
「和歌山市駅 難波駅」

5. ルートを検索

出典1banbo4

上記の応用的なことになりますが、これも「場所から場所」を入力して検索をするだけです。

例えば、上記の画像のように「現在地から東京タワー」と検索するとルートを出してくれます。

初期設定では電車でのルートになっていますが、近場であれば徒歩(人のマーク)を選ぶことも可能です。
また、車で移動する場合は車のアイコンをクリックすることで、車のルートを案内してくれます。

もちろん、「羽田空港から東京タワー」など、現在地でなくても、ルート検索は可能です。

6. 言葉の意味を調べる

出典1banbo4

「とは検索」と呼ばれるものですが、これも主流になりつつある検索方法の一つです。

例えば、「スティーブジョブズとは」と検索すると「スティーブジョブズ」の情報が表示されます。

7. 翻訳する

出典1banbo4

Googleは翻訳の能力もありますので、「人間 英語」で検索すると、「Human」と返してくれます。

また、単語だけでなく文章でもOKです。

例えば、「駅はどこですか 英語」と入力して検索すると「Where is the station」とでてきます。

検索結果の右下に、スピーカーのマークがあるのでそれを押せば、音声で教えてくれます。

8. 郵便番号を調べる

出典1banbo4

「調べたい住所 郵便番号」で検索するだけ。
相手の住所はわかるけど郵便番号までわからないって時に便利です。

例えば、「東京都目黒区下目黒 郵便番号」と検索すれば「153−0064」と教えてくれます。

【番外編】
郵便番号から住所を調べることもできます。
「153−0064」と郵便番号を入力して検索すると、東京都目黒区下目黒と地図付きで教えてくれます。

出典1banbo4

9. 道路の交通状況を調べる

出典1banbo4

Google先生は、交通状況だって知っています。
「国道1号 交通状況」と検索すれば、現在の混み具合を教えてくれます。

「道路名 交通上」と検索です。
高速道路や主要道路の混雑具合を調べられます。

10. 近くの◯◯

出典1banbo4

スマホユーザー向けですが、位置情報をオンにしておくと「近くの◯◯」で検索が可能です。

例えば、「近くのコンビニ」「近くのレストラン」「近くの駐車場」など土地勘のない場所での検索に非常に便利です。

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したのは、たったの10個。
まだまだ、Google先生はたくさんのことを教えてくれます。

Google検索を使いこなすことができれば、なんでも調べれそうな気がしますよね。
ここまで賢いと、本当に近い将来人工知能をもって、私たちの考えていることを検索結果に反映してくれそうな期待があります。

もしかすると、いつの日かGoogle先生が、悩み相談を受け付けてくれるかもしれません。

この記事を書いたユーザー

1banbo4 このユーザーの他の記事を見る

1981 年和歌⼭県田辺市に生まれる。

23 歳の時にパソコンスクール「 Pc house いちばん星」を起業。

開業後、スクールの運営をしながら、フリーのインストラクターとして、専⾨学校を始め各種講座を担当。

25 歳の時に独学でウェブの道へと進む。

現在では、ウェブクリエイターとして、クライアントのホームページをトータルプロデュースしている。

✳︎ブログ・サイト✳︎
・Pchouseいちばん星
http://pchouse-ichibanboshi.com

・和歌山発 エンタメプレゼン®マスタークラブ
https://1banbo4.themedia.jp

・あなたのための専門家、ホームページのお医者さん「いちばん星診療所」
http://1banbo4..com

・現役のWebクリエイター 浅山佳映子 が教えるこれが本当に使えるテクニック‼︎
http://ameblo.jp/1banbo4/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス