初めての離乳食(生後5ヶ月)

出典 http://ameblo.jp

生後5ヶ月になり、初めて始まる離乳食。
「大変だって言うけれど、口の中までスプーンで運ぶのだからそんなに汚れないよね?」
そう思っていたら大間違い!
口の中へ手を突っ込んでべちゃべちゃ、その手をお顔にぬりぬり、髪へぬりぬり、足にもぬりぬり…。
「離乳食舐めてました」
そんな気持ちで始まった、私と赤ちゃんの離乳食の戦いです。

思い通りにはならない(5ヶ月)

出典 http://ameblo.jp

何故よだれかけをそんなに美味しそうに舐めるのでしょうか。
あなたのごはんはこっちですよ?

少し慣れてきた(6ヶ月)

出典 http://ameblo.jp

一丁前に好き嫌いをしたりします。

ストローも練習しよう(8ヶ月)

出典 http://ameblo.jp

離乳食も進みつつある生後8ヶ月、そろそろ哺乳瓶だけではなくストローからもお茶が飲めるように練習を始めました。
お母さんもたまに失敗するよ、ごめんね。

美味しかったようです(9ヶ月)

出典 http://ameblo.jp

出典 http://ameblo.jp

離乳食もよく食べるようになってきた生後9ヶ月、溶かしたミルクにひたした食パンをあげたら回りました。とても美味しかったようです。

そうだったの!?(10ヶ月)

出典 http://ameblo.jp

まだ早いと思っていました。

それならばやってみよう(10ヶ月)

出典 http://ameblo.jp

そんな突然できるはずもなく、リビングに納豆ご飯が舞いました。

少しずつ、出来るように(11ヶ月)

出典 http://ameblo.jp

終わりに

まだまだ離乳食完了までは程遠い、0歳児離乳食の戦いの途中をご紹介しました。

丹精込めて、愛情込めて作った離乳食をお皿ごとひっくり返される日もあります。
昨日は美味しい美味しいと喜んで食べてくれたメニューも、今日は食べてくれなかったりもします。
お顔もお洋服もぐっちゃぐちゃ、ため息がでることもあるけれど
「最初は嫌がったお粥が食べられるようになったね」
「椅子にしっかり座れるようになったね」
「つかみ食べが出来るようになったね」
「すごい!ついにフォークを口へ運んだ!」
など、少しずつ成長を感じることも出来ます。

うどんを床に投げ捨てられても負けないよ、今日もたくさん食べて大きくなぁれ。

この記事を書いたユーザー

くりこ このユーザーの他の記事を見る

2歳女児の育児に奮闘中です。

得意ジャンル
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス