歯が白いと人と話したり、思いっきり笑ったりすることも全く抵抗がないかと思います。そして、歯が白いだけで人に好印象を与え、実際よりも若く見えるという情報もありますよ。


■なぜ、歯に汚れが付くのか?

右と左で歯の白さが明らかに違います。

Licensed by gettyimages ®

歯の表面に付着してできる歯の汚れは、主にお茶、コーヒーなどに含まれる色素(主にタンニン)タバコのヤニ(ニコチン、タール)などが原因のようです。

「ステイン(着色汚れ)」は、お茶やコーヒーに含まれる色素(主にタンニン)やタバコのヤニ(ニコチン、タール)などが、歯の表面に付着してできる、歯の汚れです。時間の経過とともに歯に固着し、落ちにくくなります。

出典 http://clinica.lion.co.jp

それでは、身近にある食べ物で歯を白くする方法5選のご紹介です。

■歯を白くする方法5選

①オリーブオイルを使う方法

Licensed by gettyimages ®

ガーゼにオリーブオイルを数滴付けて円を描くように歯を擦ります。オリーブオイルは、酸化されにくく、歯の黄ばみを刺激してもエナメル質を傷つけないようです。

お勧め使用回数:週に1回

オリーブ油(おりーぶゆ)は、オリーブの果実から得られる植物油である。酸化されにくいオレイン酸を比較的多く含むため、他の食用の油脂に比べて酸化されにくく固まりにくい性質を持つ(不乾性油)。

出典 https://ja.wikipedia.org

②あまり熟してないイチゴを使う方法

Licensed by gettyimages ®

イチゴを半分にカットして、汚れの目立つ歯の部分を擦ります。果実に含まれているアスコルビン酸がエナメル質のくすんでいる色素の沈着を弱める効果があるようです。

お勧め使用回数:月に2回

一般的ないちごの可食部の成分は食品標準成分表によれば約90%が水分であり、糖質が約10%、タンパク質、繊維が約1%であり総カロリーは100gで35kcalである。またいちごにはキシリトールが約350mgと豊富に含まれ、アスコルビン酸(ビタミンC)にも富む。

出典 https://ja.wikipedia.org

キシリトールも含まれていることから、虫歯の予防にもなりますね。

③りんご酢を使う方法

Licensed by gettyimages ®

10mlほどのりんご酢を口の中に含み、1分間ほどすべての歯に行きわるようにゆすぎます。りんご酢のリンゴ酸が紅茶、コーヒー、たばこなどによる歯のくすみに作用するようです。

お勧め使用回数:1週間に1回

りんご酢は、りんご果汁(搾汁)が1リットルあたり300g以上使われている果実酢であり、酢が苦手な人でも比較的飲みやすい酢である。りんご酢には、クエン酸やリンゴ酸、酢酸、コハク酸などが含まれ、新陳代謝を高める効果や利尿作用、血糖値の上昇を抑える効果、便秘解消効果なども期待できる。

出典 http://calorie.slism.jp

りんご酢は、りんごの果実酢であるため、りんごに含まれている歯の健康を促進するホウ素も含まれていることになりますね。

ビタミンの濃度は低いが、リンゴジュースは骨の健康を促進するホウ素を含め、さまざまな天然のミネラルを有する。

出典 https://ja.wikipedia.org

④新鮮なセージの葉を使う場合

Licensed by gettyimages ®

人差し指で葉を歯に当ててゆっくりと回転するようにまるで歯ブラシをするかのように擦ります。セージには殺菌作用があり、歯のエナメル質を保護するだけではなく歯茎を保護し、口臭予防にもなるようです。

お勧め使用回数:週に2~3回

セージ(英:Common Sage、学名 Salvia officinalis)はシソ科アキギリ属の多年草または常緑低木。古くから薬効に富む薬草として有名である。薬効としては、特に殺菌力、消化促進、解熱、浄血作用に優れている。

出典 https://ja.wikipedia.org

⑤レモンやオレンジの皮を使う方法

Licensed by gettyimages ®

レモンやオレンジの皮の内側(白い部分)を歯に当て擦ります。柑橘類の皮に含まれるモネンが、まるで柔らかい消しゴムのように歯を白くする効果があるようです。

お勧め使用回数:1日1回以上

リモネン(limonene)は、柑橘類の皮に含まれる代表的な単環式モノテルペンである。洗剤の汚れ落とし成分に多用されてきた。洗剤以外では汚れ落としやシールはがし用のスプレー等がある。

出典 https://ja.wikipedia.org

■食べ物を使わずに効果のある方法

重曹を使う方法が考えられます。ただし、使いすぎはエナメル質を傷つけてしまうようですので、月に1度程度の使用がお勧めです。

Licensed by gettyimages ®

歯ブラシの先端に重曹を付けて数滴水を垂らして歯を磨きます。その後よくすすぎます。
使用回数が多いと歯のエナメル質を傷つけてしまう場合もあるので要注意です。
お勧め使用回数:月に1度

研磨効果、鹸化(乳化)効果から、洗剤や洗剤の補助として、ティーカップなどの茶渋落とし、換気扇などの固着した油汚れ・焦げ落としに使用されたりする。最近では練り歯磨きやうがいなどにも使用されることがある。

出典 https://ja.wikipedia.org

いかがでしたか?歯医者さんに行かずに、自宅で身近な食べ物で歯を白くする方法が参考になれば幸いです。

この記事を書いたユーザー

Amk このユーザーの他の記事を見る

伊在住のby.S公式ライターです。
ZARA・GUなどのファストファッション、お洒落なセルフネイル、ヘルシーな食事などに興味があります。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • カルチャー
  • ファッション

権利侵害申告はこちら