映画やテレビを見てもためにならない。くだらない。などなど…さまざま意見がありますが、今回ご紹介するのは映画を見ていたが為に命が救われた少年の話です。

中国に住む13歳の少年が映画で見た方法を活かし犯人から逃げ出したと話題になっています!

9月24日に登校途中に背後から何者かに襲われ、無理やり車に乗せられて廃墟となったビルに連れて行かれる誘拐事件が発生しました。

犯人は少年の手足を縛り、口と目を塞いだ後に少年の両親に身代金として約240万円を要求しました。その際に通報するなと脅すなど卑劣な電話をしました。

犯人が離れた隙に逃げ出そうとしますが、犯人に抑えられて脱出に失敗。その後も犯人のいう事を聴きつつ時間を稼ぎ、大声を出して犯人が近くにいない事を確認すると再び脱出を試みました。

今度は上手くいき、住宅街までたどり着いた少年は通行人に助けてもらい警察に通報。

少年の情報から犯人はその日で捕まりました。「金が欲しかった」と供述したとのことです。少年は、なぜそんな冷静に脱出できたかと尋ねられると「犯人のいう事を聴き、時間を稼ぎ逃げ出すタイミングを冷静に待つという事を映画から学んだ。」と言ったそうです。

そんな場面に遭遇しない事が何よりですが、もしもの事を考えた時にこのような判断が取れるというのは本当に凄いですね!今後はもう少し意識して映画やテレビを観たほうがいいのかも……

▼映画から学んだ脱出法で犯人から逃げ出すことに成功した話はこちらから

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

MIRUYO編集部 このユーザーの他の記事を見る

話題のオモシロ動画まとめアプリ「MIRUYO」の編集部。

アプリでは人気の動画を毎日100本以上配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス