N高等学校とは?

N高等学校とは 角川ドワンゴが2016年4月に 開校予定の単位制・通信制の広域(全国どこからでも入学し 学ぶことが出来る)の高等学校です。このN高等学校の本校については 沖縄県うるま市の伊計島の閉校されていた小学校の校舎を 改装し 開校するそうです。

高校の名前に アルファベットの一文字というのはとても 珍しい印象ですが 1つの特定の意味を指すのではなく NetのNや NewのN NcessaryのN NeutralのNなどの意味があるそうです。N高等学校は 主にインターネットを使って学んでいける高校ですので 生徒一人一人にとって自分のNをここで見つけて欲しいと言う願いも こめられているそうです。
※N高等学校 HPより

新しい高等学校を開校することにした社長さんの思いとは?

平成26年度5月1日現在の 文部科学省の学校基本調査(速報値)によると 全国で小学校 中学校を合わせて 不登校で学校に通っていないお子さん達は 何と約12万人いるそうです。
角川ドワンゴ(2015年10月1日より 新たな商号として カドカワ株式会社となった)の社長である川上氏は N高等学校開校の動機の1つとして 不登校になっているお子さん達の中で (現実的な集団生活では 上手くいかなくても)デジタルの中では 適性がある可能性もあるかもしれず ITなどに精通している角川ドワンゴだからこそ その様なお子さん達の力を引き出していけるのではないか、と考えたそうです。

N高等学校の特色は?

今では 広域の通信制高等学校は 各地に増えつつあるかと思いますが N高等学校は もともとの企業の持つ人脈やノウハウを生かした授業を展開するようです。
ドワンゴの得意分野とするプログラミングの授業や 角川の専門分野でもある文芸小説創作の授業など 自分のペースで 単位を取りながら受けられるそうです。

また文化祭がニコニコ超会議に開催予定としたり ゲームの祭典 闘会議を課外授業の選択肢として提案するなど 他の高校では なかなか行っていない様な 経験や新しい展開も期待出来そうですね。 

全日制と同じ高卒資格が取れる

N高等学校は 学校教育法第一条に定められた高等学校なので 普通の毎日通う全日制高等学校と同じ様に 単位を全て取得すれば高校卒業の資格が得られるそうです。
また、授業料についてですが 単位制なので 何をどれ位取るかにもよりますが HPのモデルケースを見ると 3年間で 概ね30万円程で 卒業資格を得られるとなると 平均的な私立高等学校の3年間の学費と比較すると 相当 金額的にも抑えられており 授業料の問題で進学を断念しかけてしまうケースにも 高等学校卒業資格を得られる希望となるのではないか?と思います。

N高等学校の本校 伊計島ってどんなところ?

出典photo by mika sugimoto

伊計本校のある 伊計島は のどかな さとうきび畑が広がっています。

N高等学校 本校予定地の伊計島は 沖縄本島の那覇市から車で約1時間ほどの場所にあります。(所要時間は 実際の混雑状況により大きく異なるかと思います。)沖縄本島から海と離島をつなぐ海中道路を通り 塩の工場があることで有名な宮城島を通り抜け 更に 橋を渡った勝連半島の中でも 一番奥にある島になります。さとうきび畑が広がる静かな集落で 本校から歩いても 綺麗な海まで おおよそ5分程度です。

N高等学校では インターネットを通して学ぶ他に5日間のスクーリングがあり この沖縄の伊計を選択する事も出来るそうです。全国からやってくるN高等学校の生徒さん達が 地域の方々と交流したり 沖縄の大自然の中で 色々な体験を友達とする機会となればいいですね。

なお、沖縄伊計本校のスクーリングに参加出来ない場合は 東京か大阪の会場への参加も出来るそうです。

おわりに

わが子は 何とか現在は 学校に行っているのですが LDもあり 皆と同じ事を頑張ってしつつも 本当は 同じ事にあまり興味を持てない傾向があるので 既に 小学校低学年で 不登校予備軍となっています。
その為 学び方の選択肢が多く特色ある高等学校を開校し 様々なノウハウを持つ民間企業が 新しい試みをして下さる事を とても嬉しく思っています。
義務教育は小学校6年間 中学校3年間と 大変な長期間です。高等学校まで行けば自由度が高いから 頑張ってください、と良く 相談機関から励まされるのですが 不登校になりそうな 子ども達は 数年先の将来の見通しがたとえ明るいよ、と諭されても「今 この瞬間 学校に行くのが辛い。」のです。

ぜひ 高等学校などでの新しい取組のノウハウが 蓄積 公開され 義務教育の段階の子ども達にも 学ぶ事に対しての選択肢がもっと増える 認められる事を祈っています。

来春から N高等学校に 進学される皆さんが 自分らしいNを見つけ イキイキと 輝けますように!

最後まで お読み頂き 本当に ありがとうございました。


★もし この記事で 興味を持って頂けた方は 合わせて
私のブログも 読んで頂けたら幸いです。↓

HAPPY DAYS-ABA早期療育を家庭でやってきたママのつぶやき


この記事を書いたユーザー

杉本美花 このユーザーの他の記事を見る

小学生の息子と幼稚園生の2児の母です。長男が2歳の時、発達障害を診断されたのをきっかけに 家庭でABA(応用行動分析)を 中心とした療育を始め6年半が過ぎました。息子が療育手帳を 卒業したのを機に 2012年に家庭療育の手記をまとめ 学研教育出版より「ママと呼んでくれてありがとう。」自閉症の息子と歩んだABA早期療育の軌跡が出版されました。2014年には 韓国にて同手記が「엄마라고 불러줘서 고마워」というタイトルで翻訳出版され多くの方に読んで頂き 幸せに思っております。その後 長男は 社会性、認知面など大きく成長し 付添なしで普通学級に就学しました。 友達も出来 楽しい小学校生活を過ごしていたのですが、1年生の後半に視覚認知不良と 先天性の書字障害(ディスグラフィア)と第二の診断が下されました。 息子と家族ともに 新たな困難と向き合い 将来への 自立の 方向性を探しながら 家庭療育を続けています。日々の事は HAPPY DAYS-ABA早期療育を家庭でやってきたママのつぶやき♪南の島編http://ameblo.jp/emy-taro-happydays/というブログに 時々 書いております。

得意ジャンル
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス