うちの長男5歳は「食べること」が苦手です。好き嫌いがあるわけではないし、お腹がいっぱいなわけでもないのに食事に時間がかかります。食べるスピードが妹弟よりも遅いので自然と長男への声かけが多くなってしまって、それがまた長男を追い詰めているような気がして悩んでいました。

かといって声かけや注意をしないとおしゃべりしていたり、ちょこちょこご飯をつついていたりで食事は一向に進みません。家での食卓なら毎日向き合って「どんな風に食べているのか」が分かるのですが、幼稚園の給食は毎日どんな風に食べてどれだけ残しているのか全く分かりません。

幼稚園ではできている?

なので、年に2回ある幼稚園での保護者面談では「給食はどのくらい食べていますか?どんな風に食べていますか?」と必ず聞くことになります。でも幼稚園の先生、1人で30人近くの子を見ています。「ピカピカになる日は少ないですけど、ちゃんと座ってふざけたりもせず食べていますよ」と言われました。

幼稚園では給食の時間が決まっています。その時間内で終わらなければおしまいとなります。家での食事の様子を見ていると食べている量より残している量のほうが多いのではないかなと思っていました。でも先生の話でも本人の話でも「お弁当の日と品数が少ない日の給食はピカピカにできてる」とのことでした!

できたことを評価したい

そこで、その「ピカピカにできた日」を評価してあげたいなと思ったのです。なので、ピカピカ給食.お弁当にできた日は長男専用のカレンダーにシール(これも100円均一ショップで長男に選ばせたもの)を貼ることにしました!そして、そのシールが10個溜まったらこれまた100円均一ショップで好きなおもちゃでもお菓子でも1つ買っていいよと約束しました。

毎週1日、お弁当の日だけはピカピカお弁当で入園以来1度も残したことはない長男です。なので毎週必ず1枚はシールを貼れます。でもそんなにすぐにはピカピカ給食できないんですよね、それも想定内です。できない日は「明日また頑張ろう」と明るくおしまいにしてお弁当の日だけは嬉しそうにシールを貼る長男を褒めるようにしていました。

2ヶ月が経ち、ようやく10個シールが溜まって100円のお買い物をした長男。すごく嬉しかったのか、それから少しずつピカピカ給食の日が増えました。

成果が見えてヤル気アップ

このシール作戦は我が家ではよく使います。それは自分の頑張りと成果が目に見えて分かるからです。シールがどんどん溜まると嬉しいし、自分で選んだお気に入りシールを貼りたいから頑張るというヤル気に繋がっている気がします。

長男の場合は今は「ピカピカ給食とお弁当」が目標ですが、トイレトレーニング中はトイレでできたらシールを貼っていました。「毎日はなかなかできないけど、頑張ればできる日もある」というレベルの目標に使うことも多いですが、「毎日必ずやってほしいこと」にも使えます。

来年から幼稚園に通う長女は、長男を幼稚園に送って行くときに門の前で待つ先生に「おはようございます!」が言えたらシールです。「恥ずかしくてできない」と言っていたのにシール作戦を始めたらノリノリで挨拶しています。笑

目標決めは子どもと一緒に

これらの目標は子どもと一緒に決めるようにしています。「こんなのはどうかな?」という案は出しますが、子どもが自分で「これを頑張る!」と決めた目標のほうがヤル気と責任が大きい気がするからです。「シール何枚溜めたらお買い物」の枚数も子どもと相談します。

子どもにとっても目標に向かって楽しく頑張れるきっかけになるし、子どもが頑張っている姿を見て親も一緒に喜べたり、自分から頑張ってくれるので無理にやらせることになったり叱ったりしなくてもよくなるのでオススメです!

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら