心に残る名曲は、時代を超えていつまでも人々に愛され続け、たくさんのアーティストたちの手によってアレンジされ、カバーされていくものですが、一味違ったカバー曲が登場しました。

誰もが知っているであろうマイケル・ジャクソンの楽曲「Smooth Criminal」を、尺八奏者の辻本好美さんが、2人の琴奏者と共に“和”のアレンジを組み込んで演奏している映像をご覧ください。

琴の演奏は伊藤江里菜さん。十七絃の演奏は渡部祐子さんが行っています。

演奏の合間に入る静寂と、尺八の力強さとの共存がとても素敵な演奏ですね。

出典 YouTube

聞きなれたはずの名曲も、全くイメージの異なる楽器で奏でられると、ちょっとした違和感はあるものの、音楽の可能性の広がりを感じますね。

こちらの動画は、YouTubeやFacebookを中心に、特に海外で多くの人が絶賛して話題になっています。

こーゆーのも良いですね!

ちなみに、こちらがマイケル・ジャクソンの「Smooth Criminal 」

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス