◆ リンツ・テディって知ってる?

出典 https://www.atpress.ne.jp

1845年創業、世界120カ国以上で愛されているスイスの歴史あるプレミアムチョコレートブランドLindt(リンツ)より、リンツチョコレートのクリスマスのシンボルである、リンツテディが2015年11月2日に販売開始となります。

クリスマスシーズンになると、笑顔と幸せを運んでくる、リンツチョコレートの冬のヒーロー「リンツテディ」。リンツのメートル・ショコラティエが、幼いころの幸せな記憶の象徴であるテディベアを、高品質のミルクチョコレートでかたどって、愛情をこめて毎年この季節に送り出しています。

出典 https://www.atpress.ne.jp

出典 http://www.lindt.jp

2011年に初登場したリンツテディは、ゴールドの包み紙にくるまれており、ゴールドに映える真っ赤なリボンとハートのチャームが特徴的です。毎年、趣向をこらしたギフトタイプの商品も出るので、コレクションしている方も多いんだとか。

金色のホイルをまとい、首に赤いリボンを巻き、赤いハートのチャームをさげ、誰もが魅了される幸せそうな微笑みを浮かべた「リンツテディ」は、愛する大切な方へ、魔法にかけられたかのように楽しく、美味しく、心あたたまるひとときを届けてくれます。

出典 https://www.atpress.ne.jp

出典 https://www.atpress.ne.jp

リンツテディの中身はこんな感じ…?

出典 http://www.amazon.co.jp

大切な方へのギフトに、クリスマスのオーナメントに、使い道は様々です。
ただ並べているだけでも可愛い~!

◆ リンツ(Lindt)とは?

出典 http://www.confectionerynews.com

Lindt(リンツ)は、スイスで1845年に創業、現在では世界120カ国以上で愛されているプレミアムチョコレートブランドです。ブランド名となっているリンツは、今ではあたりまえとなっているチョコレートのなめらかな口どけを初めて可能にした「コンチング・マシン」を発明、スイスをチョコレート立国たらしめた、ロドルフ・リンツ氏の名に由来します。
リンツ&シュプルングリー社の創設者、ダーフィート・シュプルングリー氏はチューリッヒの小さなパティスリーのパティシエを経て、1836年にその店のオーナーとなり、1845年に自家製チョコレートの製造を開始しました。

出典 https://www.atpress.ne.jp

1899年にリンツとシュプルングリーは合併することになり、チョコレートの製造においてすでに高い評価を得ていたシュプルングリーと、「コンチング・マシン」を発明、チョコレート界に革新をもたらしたリンツが手を携えて、その卓越した技術で最高の品質のチョコレートが生み出されるようになりました。
以来、170年の時を経て、そのチョコレート作りへの情熱は、リンツのメートル・ショコラティエ(チョコレート職人)たちによって受け継がれ、カカオ豆の仕入れから最終製品までの工程をすべて自社で一貫して生産することにより、常に高品質で、香り高く、口どけの良いチョコレートで、今も世界中のチョコレートファンを楽しませ続けています。

出典 https://www.atpress.ne.jp

出典 http://www.fanpop.com

世界120カ国以上で愛されている、Lindt(リンツ)の商品で特に人気があるのが、LINDOR(リンドール)です。このリンドールは、独自の製法でLindtにしか作れない美味しさを味わうことができます。
日本の直営店では、常時5種類のリンドールを購入する事ができます。

1949年、リンツのメートル・ショコラティエたちは、未だかつてない、まったく新しいチョコレート体験ができる製品を開発しました。それは、チョコレートの中になめらかにとろけるフィリングをつめた「リンドール」です。

出典 http://www.lindt.jp

出典 http://wp.clicrbs.com.br

世界中の直営店でこのように好きなリンドールを購入する事が出来ます。

出典 https://www.lindtusa.com

また、板チョコなどを始めとしたリンツの商品は海外ではスーパーなどで種類豊富に並んでおり、親しみやすいブランドとなっています。とにかくフレーバーの種類が豊富!
筆者も海外旅行先でよく目にしますが、どれを買えばいいのか悩んでしまいます。

◆ 2015 リンツチョコレートクリスマスコレクション

出典 https://www.atpress.ne.jp

リンツテディズ(100g×2個)…2,052円(税込)
リンツテディが2匹入ったボックスタイプです。大切な人とわけっこしても。

出典 https://www.atpress.ne.jp

リンツテディアドベントカレンダー(180g)…2,268円(税込)
クリスマスと言えば、アドベントカレンダーですよね!毎日1個ずつ、扉を開けていくあのワクワク感をお楽しみください。

出典 https://www.atpress.ne.jp

リンドール クラシックギフトボックス 20個入り・28個入り(日本オリジナル)
価格:20個入り/2,592円(税込) 28個入り/3,478円(税込)

この時期だけのリンツテディと、リンツ一番人気のリンドールがセットになった日本限定のオリジナルパッケージギフトです。そのままクリスマスプレゼントにもなりますよ!

出典 https://www.atpress.ne.jp

リンドール サンタブーツ ミルク(275g)…4,320円(税込)
リンドール シーズングリーティングスより。子供向けのクリスマスギフトに、長靴にお菓子が詰まったものがありますがリンドール入りなら立派な大人向けギフトに。
また、リンドールにもこの時期限定のニューフレーバーが登場します。

●リンドール ホワイトペパーミント
●リンドール ダークペパーミント
●リンドール シトラス

上記3種の「リンドール」の新フレーバーは、リンツ ショコラ カフェ全店で、11月2日(月)より、「ピック&ミックス(お好きなフレーバーのチョコレートをお好きな量だけ量り売りでお求めいただけるシステム)」に登場します。
価格:100g/781円(税込)

出典 https://www.atpress.ne.jp

◆ これまでに登場したキュートな期間限定商品

◆ 2011年(初登場)

出典 https://www.atpress.ne.jp

リンツベアー ミルクチョコレート100g
リンツテディが初めて登場した、2011年の広告画像です。たくさんのリンドールに囲まれているリンツテディは幸せそう。

出典 https://www.atpress.ne.jp

ミニ・リンツベアー 5個セット
ちょっとしたプレゼントに、気楽に贈る事が出来るサイズと価格も登場し、リンツテディはあっという間に大人気になりました。

◆ 2013年

出典 https://www.atpress.ne.jp

リンツテディ缶(Lサイズ)
大き目サイズのリンツテディの中に、リンドールと一緒に沢山のリンツテディがぎっしりと詰まっています。食べ終わった後は小物入れにもなる可愛いさなのです。

◆ クリスマス以外にも限定商品が登場します

なぜか気付くと買っています。リンツのチョコ

シーズン毎にいろいろなかわいいバージョンがお目見えするのですが、今はコレ。
イースターバージョン。
上下がスライドして、体と足が入れ換わるのがかわくって、つい買ってしまいました^^。

↑イースターになると今度はうさぎちゃんが登場!

◆ 購入した人の反応は?

この金のクマさんの缶にかわいいテディのミルクチョコレートが入っているのも、クリスマスバレンタインの期間だけ登場する限定アイテムなのです。ファンの人たちは、この時を狙って買うんですね。

出典 http://kw4111.livedoor.biz

◆ いかがでしたか?

出典 http://www.amazon.co.jp

そんなに高級な物ではなく、ちょっとしたクリスマスギフトに使える物をお探しの方、今年はリンツテディを贈ってみてはいかがですか?甘い物嫌いな方ではない限り、チョコレートはどなたにでも喜ばれますし、リンツのチョコレートは一般的に受け入れられやすい美味しさだと思います。
見た目も可愛いく、クリスマスムード満点のリンツテディ、オススメです!

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス