記事提供:いいモノ調査隊

塩を使った「お清め」というと、古からの伝統儀式という印象がありますよね。葬儀後にパラパラと散布したり、お相撲さんが競技の前に撒いたりなどで目にします。

葬儀では穢れなどを払う目的があり、相撲では力士たちが怪我をしないように土俵の邪を払い神に祈るという意味があるそうです。

現代でも、邪を払って身を清めたいという時、あると思うんです。たとえば、ついてないことが起こった時や憂鬱な月曜の朝…などなど。

そんな時、こんなグッズはいかがでしょうか?

これが現代のお清めの塩だ!?

こちら「おいせさんお浄め塩スプレー」といいまして、粗塩が入ったルームスプレーなんです。スピリチュアル系のグッズに興味がある方だけでなく、コスメ好きな女子にもいいかもしれません。

香水のような外見がスタイリッシュ。ぐっとボトルに近づいて見てみると…。

ゴロゴロとした粗塩が入っていますね。

こちらは、伊勢神宮に行ったら必ず買って帰りたいお土産として雑誌にも取り上げられたこともある「おいせさんシリーズ」の商品。

「おいせさんシリーズ」は三重県伊勢市の直営店で入手ができるほか、ネット販売もしていますし、全国のロフトなどの店舗でも購入することができるようです。

ルームスプレーや乳液などの化粧品やキャンドル、アクセサリーまで多岐にわたり販売しているのだとか。

「おいせさん」とは、伊勢神宮にお参りするのが何よりも好きな感謝の気持ちを大切にするきれいで聡明な、誰からも愛されるそんな女性のための一品です(抜粋:おいせさん公式サイトより)。

ココロとカラダの浄化(デトックス)をテーマにしているとか。だから、「きよめる」という文字の漢字には「清める」ではなくて「浄める」が使用されているのでしょうね。

筆者はネットで買いましたが、お土産用のような手提げ袋に入っていたのでまるで伊勢神宮に訪れたかのようなありがたみを味わうことができました!袋に描かれたおいせさんのキャラクターもご当地感が溢れていてすてきです。

手提げに入っていました。

成分はエタノール、水、乳酸Na、ニュコウジュ油、レモン果実油、ローズマリー葉油、パチョリ油、ミネラル塩。塩は天日干しされたミネラルがたっぷり入っているそうです。容量は20g。

お浄めができるルームスプレーということで、最近お疲れの旦那の仕事部屋にひと吹きスプレー。

シュッ!

ちょっと写真だと分かりづらいかもしれませんね…。香りは、一吹きするとお香のような和の香りが広がります。あるいはお香というよりもごくマイルドな線香の香りに近いかもしれません。なんとなくありがたい気がします。

今回はバス用ソルト「お浄め風呂神塩/リラクゼーション」も同時購入。

お浄め風呂神塩/リラクゼーション。

お守り型のパッケージが神聖な雰囲気を醸し出します。お土産で渡すと喜ばれそう。筆者が購入した「リラクゼーション」以外に、紫パッケージの「ヒーリング」、赤の「パワーエナジー」、水色の「リフレッシュ」があります。

「リラクゼーション」の成分は、グレープフルーツ、オレンジ、ゼラニウム、ベルガモット+ミネラル塩。1パックが1回分で、20g入っています。

さっそくお風呂に投入しましょう。袋から取り出してみると更に内袋が…。なんと、おみくじになっていました!

大吉!

中身はこのような感じ。

ピンクかと思いきや、白ですね。

ガバッと湯船に投入。

入浴すると、グレープフルーツのすっきりとした香りが広がり、リラックスタイムへと誘ってくれました。高級なお香のような香りにも感じられましたね。お風呂からあがったあと、身体がポカポカと芯から温まる感じがしてとても気持ちがよかったです。

今回はルームスプレーと入浴剤のご紹介をしましたが、油取り紙やお浄め塩のキャンドル、ボディミルクなどもあります。気になる方は公式ページをチェックしてみてください。

もうすぐ出産の筆者は、おいせさんスプレーで部屋の浄化をして福を呼び込もうと思います!!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス