記事提供:子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法

ねぇママ、わたしね

わたしが抱っこしてって甘えたら、ママにいいよって言ってほしいんだ。

わたしがおしっこを失敗しちゃっても、ママにいいよって言ってほしい。

わたしがつい牛乳こぼしちゃっても、ママにいいよって言ってほしい。

わたしが楽しくていたずらしちゃっても、ママにいいよって言ってほしい。

わたしがワガママを言って泣き喚いても、ママに泣いてもいいよって言ってほしい。

わたしが、わたしはありのままのわたしでいいの?って聞いたら、ママにいいよって微笑んでほしい。

わたしが、ママわたしはここにいていいの?って聞いたら、目尻にシワをいっぱい作って、いつもの笑顔でいいよって笑って抱きしめて。

イライラしてしまうことも、ある。怒ってしまうことも、ある。

それでも「ダメ」「やめて」「しないで」など、否定的な言葉ばかりを伝えてしまうと、子どもは自分自身を自分の存在を、否定されているような思いになります。

人は、自分の言ったこと、自分のしたこと、自分の思い、それらがどんなものであっても、それらを受け入れてもらえた時に、自分はありのままで愛されていると感じることができます。

自分の表現したことは、自分そのものだからです。

大人であれ子どもであれ、否定されると悲しい気持ちになります。傷つけられた気がします。

それは時に、相手への不信感に繋がってしまうこともあります。

相手の言うこと、したことを受け止めてあげること。

まずは相手の思いに共感してあげること。

『これはダメだけどこれならいいよ』と「いいよ」を渡してあげること。

何かを伝えたい時も、相手のこころが両手で受け取れるようなことばを選ぶことは、そういう意味でもとても大切なことだと思うのです。

伝え方って、とても大切だと思うのです。

愛されることは 許されること。

子どもは人はみな、許されるべき存在です。

許された経験がある人は、同じように周りを愛せる、許せる人になるのだと思います。

そしてそれは巡り巡ります。

親にいいよ、と言われた子どもは、自分にいいよと言えるようになります。

同じように、お友だちに伴侶に見知らぬ誰かにも、いいよと言えるようになるでしょう。

何よりも自分の子どもたちがいつか子育てをする時に、未来の自分の子どもたちに「いいよ」と微笑んであげてほしいから…。

子どもの頃に許された経験のあれやこれは、きっとその子のこころを優しく強くします。

『いいよ、いいのよ。あなたはあなたでいいの』

子どもたちのこころに許された経験を。

自分は許されている存在であるという、揺るぎないしあわせを。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス