記事提供:まぐまぐニュース!

4月に不正会計問題が発覚した東芝ですが、現在の経営状態はどうなのでしょうか。『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』著者の安部徹也さんの見立ては「瀕死の状態ではない」とのことですが…。

不適切会計で揺れる東芝の経営を財務の視点から分析する

さて、前回はワタミの財務分析をお届けしましたが、たいへん大きな反響をいただきました。

ご感想をいただいた中に、次回は是非とも東芝の今後についても財務分析の観点から検証していただきたいというご意見がありましたので、今回はご要望に応えまして東芝の財務分析を行っていきたいと思います。

東芝は、みなさんもご存知のように今年の4月不適切会計発覚し、現在「東芝ブランド」に対する信頼が大きく揺らいでいます。この不祥事が事業、そして財務にどのような影響を与えているのか?最新決算短信から検証を行っていきましょう。

東芝のキャッシュの水準をチェックする

まずは企業の事業活動に欠かすことのできないキャッシュ水準から見ていきましょう。

東芝の直近の現預金残高は2015年6月30日時点で、2,055億円です。これだけでは現預金残高の水準が高いか低いかわかりませんので、比較を行ってみます。

たとえば、東芝の昨年度の売上高は6兆6千億円ですから、月商に直すと5,500億円です。つまり、東芝は現状売上0.37ヶ月分の現金残高しかないということになります。

他社との比較で見ていくと、同業種のシャープは年商2兆8千億円と東芝の半分以下の規模ですが、2015年6月30日時点では、2,143億円と東芝を上回る現預金残高となっています。

また、日立は年商が9兆8千億円で2015年6月30日現在の現預金残高は6,900億円なので、売上の0.85ヶ月分に相当する現預金を保有しているということになります。

このように比較分析を行うと、東芝の現預金残高少なさ際立つ格好となります。

流動負債と流動資産のバランスを見る

続いて流動負債と流動資産のバランスをチェックしてみましょう。

(※注)
・流動負債とは?―1年以内に支払わなければならない負債、もしくは営業に関わる負債

流動資産とは?―1年以内に現金化される資産、もしくは営業に関わる資産

東芝は2015年6月30日現在で、4,053億円短期借入金を計上しています。この短期借入金は同年3月31日より、わずか3ヶ月1,090億円増加しています。

これは、恐らく不適切会計が発覚した影響で売上が急落し、費用の支払いに窮して信用不安が起こらないように、事前に借入をして万が一の事態に備えた結果の表れと推測されます。

ただ、4,000億円以上に膨らんだ短期借入金に対して、2,000億円程度の現預金しかなければ、金融機関が一斉に手を引いた時に東芝はひとたまりもありません。

つまり、この短期借入金と現預金のバランスについては決して理想的なものではなく、逆に不適切会計から業績が悪化した場合に経営危機に陥るリスク高いといっても過言ではないのです。

ただ、より大きな視点で、流動負債と流動資産のバランスを見ると、流動負債が合計で2兆9,249億円に対して流動資産が3兆3,288億円ありますので、流動比率を計算すると113.8%となり、

経営危険度目安となる100%上回っていますので短期的に危機的な状況に陥る可能性は低いといえるでしょう。

とはいえ、流動資産に計上されている「受取手形及び売掛金」と「棚卸資産」には注意が必要です。

「受取手形及び売掛金」とは、簡単にいえば、製品やサービスを販売した際に、販売先に支払い猶予を与えることです。

通常であれば製品を渡す代わりに現金を受け取るはずですが、商習慣として製品は先に渡して支払いは受取手形売掛金として数週間から数ヶ月先に現金化されるのが一般的であり、

現金化されるまでは流動資産の「受取手形及び売掛金」に計上されることになるのです。

東芝はこの「受取手形及び売掛金」の残高が6月30日現在で1兆1,787億円に達しています。これは、売上の2.14ヶ月分に相当します。

この「受取手形及び売掛金」が100%回収できるようであれば問題はありませんが、もし販売先が倒産するなど債権焦げ付くようであれば、流動資産が目減りすることにつながっていきます。

同じように「棚卸資産」を見ていくと、1兆1,499億円の残高があります。この「棚卸資産」とは簡単にいえば、製品在庫のことであり、

もし製品が古くなって売れなくなるような不良在庫が発生するようであれば、「棚卸資産」の残高は大きく減少する可能性も考えられるのです。

そこで、より詳細に東芝の財務状況を把握するためには、このような「受取手形及び売掛金」や「棚卸資産」が不良債権化していないかチェックしていく必要があるといえるでしょう。

自己資本をチェックする

それでは最後に、東芝の自己資本はどうでしょうか?

東芝は老舗企業らしく、これまで大きく内部留保を積み立ててきています。利益剰余金の額は3,710億円に達しており、日立1兆4,775億円には遠く及びませんが、シャープ984億円に比べれば、まだ余裕のある水準といえるでしょう。

また、自己資本比率を計算すると17.3%であり、日立24.1%ほどではありませんが、シャープ12.3%よりは高い水準にあります。

自己資本部分も1兆円を超える水準にあり、余程巨額の赤字を計上しない限りは、債務超過に陥って経営が破綻する可能性低いといえるでしょう。

このように、東芝の貸借対照表を分析する限りは、もちろん健全とは言い難い面もありますが、すぐに経営危機を迎えるような「瀕死の状態」に陥っているというわけではないようです。

不適切会計を二度と繰り返さないと反省し、大きな背伸びをしない経営に徹すれば、現状の体力で十分再起は可能といえるのではないでしょうか。

今回は貸借対照表から東芝の経営状況を分析してきましたが、次回は損益計算書キャッシュフローの観点から東芝の今後を占っていきたいと思います。

※ 実際に財務諸表を見ながら読むと理解も深まります。

今回のコラムに登場した3社の財務諸表は以下のサイトからダウンロードいただけますので、是非ともご活用下さい!

東芝2015年度第1四半期決算(連結)

シャープ平成28年3月期 第1四半期 決算短信

日立要約四半期連結財政状態計算書

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス