出典 https://twitter.com

記事提供:Techinsight

和田アキ子が新しいイヤーモニターを作った時の様子をツイッターでつぶやいている。それによると、彼女の耳の型を取った医師が「さすが伝説作りますね」と感心したそうだ。いったい、新たなアッコ伝説とは何だったのか。

これまでも、「シートベルトをしたままで、車を降りたら車ごと担いでいた」「家の玄関にカヌーがあるので、よく見るとアッコの靴だった」「酔っ払ってタクシーを両手で持ち上げた」といった都市伝説的なものから、

「CDを購入したらパンチしてケースのビニールを破る」「タクシーのドアが開かないので、待ちきれずに引っ張って壊した」「フジテレビ新入社員を正座させた」「板野友美のケータイを真っ二つに折った」などまことしやかな噂まで数え切れないほどの伝説がある。

そんな彼女が10月19日に『和田アキ子(wadasoul2015)ツイッター』で明かしたところでは、

イヤーモニターを新調する際におよそ1000人のアーティストの耳の型を取ってきた医師から「外国人や日本人も含めて3本の指に入る大きさ」「さすが伝説作りますね」と言われたそうだ。

身長や足、手の大きさは伝説化されているアッコだが、耳の大きさではリアルに伝説を作ってしまったのである。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス