記事提供:しらべぇ

2015年9月、ラーメン凪の系列である「煮干しうどん Fish Men」で世界初の試み「虫ラーメン」が販売されていた。「虫ラーメン」目当てなのか定かではないが…店には開店前から行列ができるほど。

■虫ラーメンの中身は「コオロギ」

光沢のあるスープの中には黒いモノが浮いている。しかし、これは異物混入ではなく、どうどうと虫を入れているのだ。

しかも、コオロギ出汁をとるため、なんと1杯に900匹も使っているという。

ラーメン界に新しい風が吹いた感動的な瞬間だ。スープをすすると海老の風味が広がり、さっぱりとしていて飲みやすい。虫特有のにおいが無いのは、生姜を入れているからだろう。

麺はストレート、脂もしつこくなく数分で完食。優しい味付けで、虫ラーメンを食べているとは到底思えない。 記者のように虫ラーメンを食べた女性はきっと、「普通のラーメンよりカロリー低そう」と感じるだろう。

実際コオロギ自体は高タンパクな上、ビタミンやミネラルも豊富で栄養価が高いと言われている。女性が昆虫を食べるというきっかけとして、ラーメンという選択は良いのではないかと感じる。

■開発者は昆虫食啓蒙家の地球少年

「煮干しが嫌いな方 ご遠慮ください」の看板が特徴の「ラーメン凪」と異例のコラボを実現させたのは、地球少年こと篠原裕太さん。4才のある日、捕まえた虫を食べてから探求心が芽生え、今では昆虫食の無限の可能性を伝えたいと活動している。

じつはTwitterのやりとりから生まれたというこのコラボ企画。当初、使用する虫の候補にはセミ、タガメ、ゴキブリなどがあったが、クセがなく食べやすいということでコオロギに決定。

虫を食べるということで、命や食について感じてほしい。ラーメンという親しみやすいものから今後につなげていけたらいい」と、地球少年・篠原さんは話す。

残念ながら9月いっぱいでコオロギラーメンのコラボは終了しているが、これからの昆虫食に期待したい。

煮干しうどん Fish Men
東京都新宿区西新宿7‐19‐21
11:00~15:00/17:00~23:00

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス