大自然をバッグに撮影されたミュージックビデオ。これが、突如現れた“狼”の出現によって、奇跡としか言い様がない…鳥肌モノのミュージックビデオに大変身していたので紹介したいと思います。

アメリカを中心に活躍する“Shawn James”というバンド。今回は雪山での撮影をする為、オオカミたちの聖域と呼ばれる…コロラド州フォートコリンズ野生動物保護区で撮影を行っていたのですが、前奏が始まった直後…

突如、どこからともなく現れた1匹の狼。なお、動物保護区とは言え、狼は飼い慣らされているわけではなく、非常に危険なこの状況。オレンジ帽の男性も、気になってしょうがありません。

しかし、狼の存在に気付かず…歌い始めるボーカル。

これは絶対絶命のピンチ!もはやこれまでか…と誰もが思った、その時でした。

突然、森に響き渡った狼の遠吠え。

しかも、1匹だけではなく…次々に遠吠えを行う狼たち。

その姿はまるで…ミュージシャンと一緒に歌を楽しんでいるかのよう。

ここでようやくボーカルも、狼たちの共演に気付いたのか、笑顔で共演を楽しみます。

オレンジ帽の男性は、いまだ、狼の存在にビビっていますが(笑)、奇跡と言っても過言ではない…狼とミュージシャンの夢のコラボ。では、山々に響き渡る美しい歌声。動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

スゲェェ(゚Д゚)ェェエエ!!!

仲間との絆を維持するという意味もある…狼の遠吠え。美しい歌声に感動した狼たち。きっと、ミュージシャンを“仲間”と認めたのかもしれませんね。

狼とミュージシャンの夢のコラボレーション!以上、『鳥肌必至!雪山で演奏中…狼に囲まれてしまったミュージシャン。襲われるかと思ったら…』でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら