いつの頃からか恋愛している女性は❝恋する乙女❞と呼ばれるようになったのでしょうか。乙女なんて思っているのは、実は男性の幻想でしかないのかも!?女性は結構シビアな恋愛観を持っているものです。それが垣間見える、男女ともに必見!な面白ボイスを集めてみました。

少女漫画みたいに恋してる女の子はほぼ皆無です

恋のイメージから、恋する女性のイメージもまた作られています。もちろん乙女のように恋する女性もいないことはありませんが…たいていの女性はそうではないことが多いかも。恋する乙女は漫画の中だけかもしれませんよ。

乙女なんてとんでもない!恋する女性はきわめて冷静沈着…

「恋する女の子は可愛い」なんて、男性の幻想に過ぎないのかもしれません。Twitterには実にいろいろな女性の本音が語られています。みんなこんなにもシビアでした…。

理想の彼氏? はい、論破。

確かに。こういわれたら返す言葉もないですね、私も同感!という女性多数。

おまけのないハッピーセットなんて

嫉妬は女性につきものの気持ち。それを抑えろって言われても困るだけです。

相手のことは、永遠に学ぶもの

だんだんと何でも分かってくれていると思いがちになるけれど、本当はそんなことはないと自分にちゃんと言い聞かせているる女性はすごいです。

あるある…

男性が分からない女性の心理はこれでしょう。相談していても心は決まっていたりする。よくあるシチュエーションではないでしょうか。

実際モテたいわけじゃない

女性は自分の好きなものにこだわりますから。男性に広くモテたいとは思わないかもしれません。男性のほうがたくさんの女性にモテたいと思っていますよね。

見られているよ

できる男を女性はよく見て判断しています。デートのとき、こんなところでだめんず評価を受けてしまうかもしれませんのでご注意を。

こう聞かれたら?

こんなひと言が投げかけられたら、どう答えますか?答えを用意しておきましょう。

きちんとしていて好感度は高いけれど…

これは暗に男性がおごるべきということかもしれません。

妙に納得させられる格言が登場

大好きでもあり、大嫌いにもなりうるのが恋人。どちらにもなれないのがただの友人。

いかがでしたか?なかなかシビアな女性の本音、でも女性なら「うん、うん」とうなづけたのではないでしょうか。男性と女性は思考回路が異なります。割とクールに状況を見ることができるのは、女性の本能的な特技なのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

るな このユーザーの他の記事を見る

気になることをポツポツと書いていきます♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス