台湾の道端に落ちている赤い封筒。これを拾ってしまうと…とんでもない事になるってご存知ですか?

日本から近いうえに、治安も良く、更に…食事も美味しい!と、良いこと尽くめの台湾ですが、一つだけ知っておかなければならない…台湾独自の奇妙な風習。『知らなかった!』と言っても時すでに遅し。誤って拾ってしまうと…本当に取り返しのつかない事になるんです。

TVで放送され、現在、ジワジワと拡散中の『赤い封筒』の話。ちなみに、赤い封筒は…

こんな感じで道端に落ちており、あまりに目立つその外観に、思わず拾ってしまいそうになるのですが…驚くのはその中身!なんと、中に入っているのは…

現金。そして…写真や大量の髪の毛なんです!

身の毛もよだつ…驚愕の中身。実はこれ『冥婚(めいこん)』と呼ばれる風習でして、死者を弔う際、その魂がまだこの世にあるうちに、異性と婚礼を挙げさせ、夫婦としたのち、死の世界(仏教で言うあの世など)に送り出すというもの。(現金は“結納金”と同じような意味合いがあり、写真や髪の毛は故人のモノになります。)

ちなみに、↑が実際に行われた“冥婚”を撮影した写真ですが…

人間の女性に見立てた花嫁人形と結婚式を挙げる男性。うっかり拾ってしまったとはいえ…これは本当に取り返しがつきません。

なお、対象となる相手は、基本的に未婚男性ですが、ときに既婚男性や未婚女性の場合もあるとのこと。

また、現金が目的で、拾って逃げるという輩も稀にいるそうですが…周囲には家族や親戚が隠れており、拾った瞬間、取り押さえられるそうです。(怖っ!)

冗談は通じません!

台湾でも、ニュースになるほどの『赤い封筒』。↑は実際に拾ってしまった男性を伝えたニュースですが、“男後悔”の文字…本当にシャレにならないようです。

ガイドブックにも載っていない…驚愕の風習。現地の警察官ですら拾わないというのですから、台湾旅行に行った際には、冗談で拾うなんてのはもってのほか!絶対に拾わないよう…ご注意下さいね!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!