カフェが大好きで毎日タンブラーを持ち歩いている。

Licensed by gettyimages ®

いま、環境に配慮してマイカップ、マイタンブラー割引を行うカフェ、コーヒーチェーン店が首都圏を中心に増えています。この機会に、ぜひタンブラーの持ち歩きを始めてみてはいかがでしょうか。また、すでにタンブラーを持ち歩いている方は、もっと多くのカフェでマイタンブラー割引を使用してみませんか。

今日はマイカップ、マイタンブラー割引を使用できるカフェをご紹介いたします。

ショートサイズでも割引が適用になります。さらにお得に、気軽にカフェに入ることができますね。

1.プリペイドカードとタンブラー割引でお得:タリーズコーヒー。

出典 http://ameblo.jp

タリーズのプリペイドカードでお会計をすると、ドリンクを10円引きで購入できるタリーズコーヒー。マイカップ、マイタンブラー割引と併用して、サービスを受けることができます。

国内の全店舗で実施。マイカップ・マイボトルを持参いただくと資源節約の協力へのお礼として30円引きでドリンクを購入することができます。

2.タンブラーブームを作ったカフェ:スターバックス。

出典 http://ameblo.jp

スターバックスでは種類、サイズ別のタンブラーやマグカップを、数多く購入することができます。ギフトとしてもおすすめのアイテム。マイカップやタンブラー等を持参すると、資源節約に協力したお礼として20円値引きしてもらえます。

※ワンモアコーヒーチケットを使用するときは、タンブラー割引はサービス対象外です。

いちばんよく知られているのが、スターバックスのマイカップ持参割引ではないでしょうか。

3.割引額が高い、上島珈琲。

出典 http://kasukabe-aeonmall.com

大人のコーヒー好きを中心に愛されている、上島珈琲は、値引き率が高いと話題のカフェです。

ドリンクによっては、2割近くお得になるものも。上島珈琲に行かれる方は、ぜひタンブラーを持参することをおすすめします。

4.テイクアウトでお得になる、カフェドクリエ。

出典 http://ichioshi.motomachi-1.com

クリエでは、マイボトルを持参でテイクアウトを利用の場合、資材軽減の御礼として30円の値引きがあるそうです。店内利用の場合は割引が受けられませんので、テイクアウトの時に利用してみてはいかがでしょうか。

※フタが付いたマグカップもサービスの対象となります。

5.BLENZ COFFEE。

出典 http://www.kelowna.com

ブランドを問わず、マイカップやマイタンブラーを持参すれば割引を受けることができますが、自社製品のマイカップやマイタンブラーを持参の方は、さらにお得になります。

BLENZ COFFEE全店舗でご利用頂けます。マイカップやタンブラーをご持参の方に資源節約のご協力のお礼として、20円割引いたします。また、BLENZ COFFEEロゴ入りの容器の場合は、50円割引で更にお得です。

出典 http://www.tokukita.jp

BLENZ COFFEEは、BLENZ COFFEEロゴの容器と、そうでないものでの割引額が異なります。BLENZ COFFEEをよくご利用される方は、BLENZ COFFEEロゴ入りのカップやタンブラーを購入してみては、いかがでしょうか。

6.ニューヨーカーズカフェ。

出典 http://chofu.com

すべての店舗でサービスを受けることができます。 対応できるサイズのカップであれば、どのようなカップ・ボトルでも、20円引きでドリンクを購入できるそうです。

7.スタイリッシュな店内:セガフレードザネッティ。

出典 http://dagza.net

意外に知られていないかもしれませんが、セガフレードザネッティでは全店舗でマイボトルサービスがご利用できます。 タンブラー・蓋のついたカップすると、ドリンクを20円値引きで購入できるそうです。

8.喫煙者にも嬉しい、エクセルシオールカフェ。

出典 http://hpplus.jp

マイタンブラー・マイカップを利用すると、ドリンクを20円引で購入することができます。エクセルシオールカフェで、このサービスを利用している方は、まだ少ないように思えます。

9.シアトルズベストコーヒー

出典 http://ekimachi1-sasebo.com

全国のシアトルズベストコーヒー各店で、マイカップ・マイタンブラーを持参すると、ドリンクを20円引きで購入することができます。

おいしくお得に、カフェタイムを楽しむことができます。

Licensed by gettyimages ®

資源節約に協力しながら、お得にカフェタイムを過ごせる「マイカップ、マイタンブラー割引」カフェに行かれる方は、ぜひ持参してみてはいかがでしょうか。オフィスにタンブラーを保管しておいて、ランチタイムの時だけ持っていくというスタイルも、良いかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス