今夏大ヒットのガウチョパンツの新作が、GUから発売されています。前回ユニクロのネルシャツの記事のときにも書かせていただきましたが、今や誰もが持っているというウルトラライトダウンのベストやジャケット、ヒートテックのT-シャツやレギンスなど、軽く保温性に富むアイテムを組み合わせの基本にすることで、理想的なコーデが真冬まで行けるようになりました。
これはユニクロが作り出した、マジックとも言えるファッションの進化です。

今回はTVCMでもお馴染みの、新作ガウチョパンツをご紹介いたします。

新作ガウチョの中からデニムのワイドクロップトパンツがお薦め!

出典 http://www.uniqlo.com

素材は綿100%からウールまで様々ありますが、あえて筆者は秋物のデニムで真冬までというコーデにしていこうと思います。
写真のワイドクロップトパンツは、他に濃紺のインディゴとウォッシュアウトしたデニムカラーがあります。

インに履くヒートテックのニーハイソックスやレギンスがありますから、綿素材でも充分冬までコーデ出来ます。ウェスト部分がもたついて嫌な人はニーハイを履けば良いですし、真冬ともなればレギンスで保温は完璧。デニムのコーディネートが長く楽しめます。
スーパースリムと違ってゆとりがありますから、重ね履きでも太くは見えません。

綿100%のデニムですが柔らかくドレープ性があるのが魅力!

綿100%デニムですが、ドレープ性に富むやわらかい風合いでエレガントなシルエットです。

GU,ユニクロの素材開発は素晴らしいです。
以前記事にしたネルシャツもそうでしたが、軽くドレープ性に富みカジュアルでありながらエレガントでもあるという素材の作り方は、GU,ユニクロならではの開発力です。そして、洗濯機で丸洗いのノーアイロンでOK!!今回のガウチョパンツもカジュアルですが、ボリューム感とドレープ性がマッチして美しいシルエットを作ってくれます。

手持ちの服とのコーデを考える

ワイドボトムに合わせるトップスは、やはりコンパクトに持って行きたいですね。
定番のウルトラライトダウンのベストと、今秋発売のネルシャツをインにしてガウチョと合わせると、バランスよくまとまります。

ネルシャツは薄く柔らかいので、インにしても良いですし、前裾を結んでショート丈にしても良いですね。

レザーのショートジャケットにライトダウンのライナー型ジャケットをプラス!

レザージャケットと言えば、本格的に寒くなる前のコーデのワンアイテムでしたが、ライトダウンのライナージャケットを下に着る事で、レザーの着用期間はかなり伸びました。

これはレザー好きには嬉しいコーデです。上の写真はライトダウンのコンパクトジャケットのダークブラウンを茶のレザーに重ねています。ダウンが下から少し覗きますが、逆に素材変化が楽しめてオシャレです。濃淡で色を合せるのがポイントです。

ライトダウンとヒートテックで温度調節して行く

ライトダウンのラウンドジャケットは、身幅袖幅などがレギュラーサイズより小振りに作られているので、重ねても邪魔になりません。これをインに着る事で、レザーの保温性はグッと上がります。

昨年完売が続いたヒートテックの進化系、極暖シリーズのインナーを着れば保温力はパーフェクトですね。

秋で終わっていたコーデが真冬まで行ける!!

出典 http://www.uniqlo.com

ヒートテックのニーハイソックスです。レギンスのウェストのもたつきが気になる人には、ニーハイがお薦めです。

レザーのトップスに綿100%のデニムでは、秋口で終わってしまうコーデでしたが、こうやってウルトラライトダウンやインナーにヒートテックのT-シャツ、ニーハイソックス、レギンスで上下の保温性を高めて行くと、かなりの寒さでも乗り切れます。

スキニーパンツ一辺倒だったコーデが,ワイドクロップトパンツの登場で幅が広がりました。

Aラインショートジャケットとパーカーのトップスコーデ!

もう一つのコーデは、インディゴブルーの濃紺のワイドクロップトパンツに、Aラインのコンパクトジャケット、パーカーと素材はすべて厚手の綿100%ですが、インナーにヒートテックの極暖Tシャツとレギンスコーデで保温性はかなりアップします。

小物では今年もニット帽がナチュラルでおしゃれ!

荒い編み方からハイゲージまで、ニット帽はさりげなくコーデのフィニッシュに加えると重ね着の楽しさが増します。

ムートンブーツもワイドボトムに変わったのでまだ行けます!

数年続いたムートンブーツも、ワイドクロップトパンツの登場でまた新鮮に見えてきます。スキニーパンツに合わせていた時は足長効果がありましたが、ワイドの下に履くと足元にボリューム感が出て,コンパクトなトップスとのバランスが良くなります。以前に買って履きつくした感があるムートンブーツですが、ワイドパンツと合わせれば今年も便利にコーデ出来ます。


短いガウチョではなく、足の出ないクロップト丈がお薦めです。

出典 http://www.uniqlo.com

こんなハイカットのレースアップブーツももちろん合いますし、ワインレッドが足元のポイントになります。

今回はアイテムを絞って、ピンポイントでご紹介しました。

参考にしていただけると、嬉しいです。

この記事を書いたユーザー

makibako このユーザーの他の記事を見る

婦人服のデザイナー&企画アドバイザーです。
ファッション、芸能を中心に書いています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • エンタメ
  • ファッション
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス