10月31日はハロウィンです!

ハロウィン(Halloween)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

出典 https://ja.wikipedia.org

ここ数年で多くの日本人にもハロウィンのお祭りを楽しむ人が増えてきましたね。 1ヶ月以上前から100円ショップや雑貨屋さんではたくさんのハロウィングッズが並び、それらを部屋に飾ってワクワク感を味わったりします。

Licensed by gettyimages ®

小さな子供から大人まで、仮装を楽しむ人もたくさんいます。これらの衣装はネットショップや街の雑貨屋さんでも手軽に手に入れることもできますが、本格派の人たちは自分だけのこだわりな手作り衣装で楽しむそうです。

ハロウィンを料理で楽しもう♪

我が家でもハロウィングッズは毎年たくさん飾るし、100円ショップの仮装グッズも揃えて内輪でちょっぴり楽しんでいます。そして、ハロウィン当日のディーナーは家族を楽しませるために色んな工夫もしています。

市販のパイシートをプラス

かぼちゃ入りのミートグラタンに市販の冷凍パイシートをかぶせてオーブンで焼いただけ! 準備は解凍したパイシートを顔のパーツ部分だけくりぬいておくだけなのでとっても簡単なのにハロウィン風ディナーの完成です。

かぼちゃの皮をプラス

じゃがいもコロッケの代わりに、かぼちゃを使ってコロッケを作ります。 皮の部分だけ少し取り分けておき、半分にカットしたかぼちゃコロッケの断面に顔型にカットした皮を乗せただけ! 

チェダーチーズをプラス

いつものハンバーグが焼けたら、温かいうちにチェダーチーズをのせます。 スライスタイプのチェダーチーズを顔のパーツをくり抜いてのせるだけの超お手軽メニュー! もともとオレンジ色をしたチェダーチーズがとってもいい仕事をしてくれます。

デザートもチョイ足しで簡単に出来ちゃうよ!

粉砂糖をプラス

ティラミス(市販でも手作りでもOK)に紙をカッターでくり抜いたテンプレートを上にのせて粉砂糖を茶こしで振っただけ! 何度も使うならクリアファイルでテンプレートを作ってもいいけれど、当日だけならコピー用紙でも十分です。

チョコペンプラス

カップケーキやクッキーの上に市販のチョコペンなどでチョコチョコっと顔を描くだけでこれだけでなんでもハロウィン仕様に変身!

難しい技術や、特別な食材も道具もいりません。

今年のハロウィンは、ほんの少しの工夫で楽しいハロウィンパティーを家族やお友達と楽しんでみませんか?

この記事を書いたユーザー

ともたん☆ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 話題
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス