革製品はお手入れをすることで長持ちする!

革靴だとクリームを塗ったり磨いたりという習慣はありますが、お財布やその他の革製品はどのようにお手入れをしていますか?鞄だとある程度のブランド品の場合は、価格も高価なので大切にしようと使うと思いますが、どうしても汚れてしまいます。長く使うには、革製品の場合はお手入れが必須となります。ブランドの場合は、そのブランドが展開するオーバーホールを利用するのもいいのですが、小さなお財布だと自分でお手入れをしたほうがメンテナンス費用もかかりません。

そこで、簡単なお手入れ方法をご紹介いたします。

靴磨きのクリームを使って簡単お手入れ!

基本的に革製品ですので、靴のお手入れとさほど変わらないようです。ただ、クリームと製品によって相性がありますので、シミにならないかどうかは端のほうで試してから全体に使用することをオススメいたします。

靴用のクリームで「どんなものでもOK!」「どんな色にも対応!」といったものを購入するようにしている方が多いと思いますが、色が付いたタイプを使用するときは必ず目立たないところで試して、シミができないかなどの確認をしてから使用しましょう!

ブラシで汚れを落とす!

出典ぽんたす撮影

ブラシで表面のほこりなど、汚れを落とします。ガジガジと力を込めてせずにさっさとする程度でOKです!通常のお手入れはブラシだけでいいそうです。

最初は汚れを落とすクリームを使用して磨く!

出典ぽんたす撮影

製品に「汚れを落とす用」といったような文言が記載されているタイプを選びます。色はなんにでも使えるように「無色」を選んで購入しておくと、何にでも使えるので便利です♡

拭く布は、Tシャツなどの捨てるような段階になったほどの柔らかさを持つ布が最適です。肌着などのの柔らかい布(捨てるもの)を使用するのがオススメ♡

革製品に保湿していく!

出典ぽんたす撮影

お手入れをほとんどしていないと、びっくりするほど汚れが取れます。Tシャツが黄ばんだような色に変わるほどです。しっかりと汚れが落ちたら、次のステップにいきます。クリームで保湿をしていくイメージです。

仕上げにツヤ出しをすると、よりキレイに!

出典ぽんたす撮影

つや出しようのクリームを持っていたので、最後に使用しました。基本的にクリームは、少なめに使用して伸ばすようにするのがポイントのようです。ただ、お手入れを全くしていなかった場合は、革自体が乾ききっているので手触りなどで確認しながらクリームの量を調整しています。

お手入れ完了!1日乾かしてから使用します!

出典ぽんたす撮影

かなりツヤがあるのが分かりますでしょうか?表面の乾いた感じもなくなり、手触りもしっとりしています。折れ財部なので、折れる部分のしわが酷かったのですが、ほぼなくなりました。

出典ぽんたす撮影

艶やか感じと、色合いがキレイによみがえり汚れが落ちた分本来の色に戻ったような気がします。革製品は使い込めば使い込むほど、味が出るというような言い方をしますが、お手入れをすることによってその味わいや雰囲気も年数を重ねるごとに変化します。

難しいお手入れが必要というわけではないので、気が向いた時にするくらいの程度で少し「保湿」をしてあげると、より一層持ちがよくなり長く使用することができるのでオススメです♡

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス