『ユア・ビューティフル』の世界的な大ヒットで有名になったシンガーソングライターのジェームス・ブラントを覚えていますか?

あまりの大ヒットで世界中の人に聴かれ過ぎてしまったこの曲、遂には、『うざすぎる曲』ナンバーワンに選出されてしまいました。曲もうざけりゃ本人もうざいとばかりに嫌われに嫌われ、そして、叩きに叩かれ

うざい曲を作ってしまってすいません。

と謝罪するはめに。

本当にうざい?ちょっと聴いてみましょう。

出典 YouTube

上半身裸に靴まで脱いで、雪の中悲し気に歌うブラントの姿は、より一層『うざい』イメージを世間に植え付けてしまったのかもしれません。このビデオの制作にブラントの意思は一切反映されておらず、まんまとレコード会社のマーケティング制作に利用されてしまったブラントは、

このビデオをきっかけに世界中から嫌われることになりました。


レコード会社は、本当の僕とは全く真逆のジェームズ・ブラントというイメージを作り上げてしまったんだ。ありえないぐらいのくそ真面目やろうっていうさ。僕の友人はみんな、僕がそんな人間ではない事を知っているっていうのに・・・。(本人談)」

さらにはパロディまで・・・

出典 YouTube

ついには、『You're Beautiful あなたは美しい』をもじった、

『You're Pitiful あなたは痛々しい』

というパロディ動画まで作られてしまいました。

ジェームス・ブラント略歴

イギリス陸軍航空隊に所属していた父の長男として陸軍病院で生まれ、イングランド、キプロス、ドイツなどで子供時代を過ごした。子供の頃にピアノやバイオリンを習い、14歳でギターを始めた。また父から飛行機の操縦を教わり、16歳でパイロットのライセンスを取得。ブリストル大学で社会学を学び、1996年に卒業した。
サンドハースト王立陸軍士官学校で訓練を受けイギリス陸軍に入隊。キャプテン(大尉)のランクにも昇格し、NATO平和維持部隊として紛争地帯のコソボにも赴いた経験を持つ。

出典 https://ja.wikipedia.org

裕福な家の出身で、ハリー・ポッターの撮影にも使われた世界的あ有名校「ハロウ・スクール」を卒業しているブラントは、仕事が行き詰ってもお金に苦労する必要もなく、そういうバックグラウンドだけでも、反骨精神のあるミュージシャンが愛されるイギリスという国で反感を買う存在になってしまったのかもしれません。

引退宣言?

こういう事があったあと、ブラントはスペインのイビサ島にある別荘で多くの時間を過ごすようになりました。「今は新しい曲を作る事は考えてはいない」と話した言葉尻をとって、2012年多くのメディアがブラントの引退を報じました。

しかし、実際は、音楽をこよなく愛する彼に引退の意思はなく、2013年に新しいアルバムをリリースしています。

また、プライベートでは2014年には、公爵の令嬢ソフィア・ウェルズリーと結婚し、今年第一子誕生予定です。

まとめ

職業軍人として精神的にも鍛えられているブラント、世間の逆風や人びとからの蔑視に簡単には挫けていませんでした!そして、メディアからの「いじめ」ともいえる扱いに負ける事もなく、しっかりと我が道を進んでいる様です。

ところで、あなたは、懐かしいこの曲『ユア・ビューティフル』を本当にうざいと感じますか?

彼の今後の活躍に期待したいと思います。

この記事を書いたユーザー

Maria このユーザーの他の記事を見る

オーストラリア在住。息子が生まれて一年半後、夫はアスベストが原因の悪性中皮腫という、これといって有効な治療法もない、強烈な癌を発症。そして、二年の闘病を経て他界しました。今は、5歳になった息子と二人、夫の眠る地で、毎日を大切に生きています。中皮腫の闘病記・アスベストの事・死別後の息子との二人三脚の毎日をブログに綴っています。http://ameblo.jp/maria1428

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 育児
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス