子どもが生まれ、母になり1番変わるのは「優先順位」だと思います。当然のことながら、母親は「子どもが1番優先」になります。でも父親は…

今回は母親と父親の違いが顕著に出る我が家の「外食」を例にあげてみてみましょう。

店選び

母親→子どもが座れる椅子や個室、座敷があるお店がいいかな。メニューも重要だね、離乳食はあるかなお子様ランチはあるかな。待ち時間に読む絵本や小さなおもちゃも用意しておいたほうがいいな。となるとやっぱり和食系かな!

父親→「そうだなー焼肉なんてどう?」

ママが子どものことを色々と考えている間に、パパは自分が食べたい物のことだけを考え即座に「焼肉」なんて言ったりします。鉄板とか火とか危険がいっぱいなところでゆっくり食事ができるわけないでしょうが!とイラッとします。

メニュー選び

母親→えっと長男長女は何がいいかな?お子様ランチもこの量だと長女は少し残すから半分を次男にあげるとして…それだけじゃ足りないね。私が雑炊なら取り分けできるかなー?パパからも何か取り分けて…

父親→「鉄板ステーキセット!辛口ソースで!」

おいおい、何も取り分けるつもりないねあなたというようなメニューを選びます。しかもここにきてまた鉄板とか熱くて危ないもの頼みます。分かるよ、食べたい物を食べたいよね、でも私は子どもが生まれてから食べたい物を食べたいという感情より先に「子どもが食べられる物を食べよう」という気持ちになるのだよ。あなたにはそういうのないのかしら?と思ってしまいます。

待ち時間

母親→「お絵描き道具があるよー静かに落ち着いて待とうねー」お絵描きに飽きちゃったらアニメ動画を見せるかな。最終手段は持ってきたラムネを与えるか。。とにかく早く来ることを祈りつつ、声かけかな。

父親→ひたすらスマホ

旦那さんも最近は子どもと話をしたり落ち着かないときは叱ってくれたりもしますが、以前は席を立ったと思ったら自分のドリンクだけを持ってきたりしていましたね。食べ放題等でセルフで料理を選びに立つときも、私がまず子どもの分を持ってくるのに対し旦那さんは自分が食べたい物だけを取ってくることが多いです。

食事

母親→よし、まずは切り分けて取り分けて…エプロンも着けたほうがいいな。「デザートは食べてからのお楽しみにしてね」「上手に食べてるね」「これも食べてね」「あーこぼしそう!」…よしじゃあ私もいただこうかな!

父親→「うん、うまい」←半分ほど食べ終えてる

料理が運ばれてきたからすぐに食べられるというわけではないんですよね、子どもが小さいと。細かく切り分けたり食べる分を取り分けたり、声かけをしたり。「これでしばらくは1人で食べてくれるかな」というところまでの準備に結構時間がかかります。うちは3人分なので3人が落ち着いて、ようやく私が食べようという頃には旦那さんは半分ほど食べ終わっていたりします。これ、日々の食卓でもだいたいそうです。

旦那も育てましょう

「旦那は大きな子どもだから、そもそもあてにしてない」なんて言うママ友もいますが、それだと困ります。なので、その都度「これやってくれる?」「ちょっとあれお願い」と指示を出すようにしています。言われたことはしっかりとやってくれます。それで十分だと思っています。なので子どものために何かをするということがすぐにできなくても、妻の指示だけはやたら気にしている旦那さんです。笑

大変なので外食自体あまりしませんが、せっかくの外食の日はいちいちイライラしていても楽しくなくなるのでとにかくイライラは「優しくお願いする言葉」に変換して「ありがとう、助かる」という言葉も必ず伝えるようにしています。それを続けることによって旦那さんも指示なく動けるようになると思います。

大きな子どもと思うならなおさら育てましょう!笑

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら