海外旅行に行きたいけど、日本人は狙われやすい。

Licensed by gettyimages ®

そのようなことを心配する方も多いでしょう。今日は特に海外経験が少ない方に向けて、これだけは気をつけておきたいポイントをご紹介します。

最初に気をつけるポイントは「ファッション」

Licensed by gettyimages ®

日本のファッション、そのままで出かけてしまうと「滞在先で浮いて」しまいます。つまり、目立ってしまうのです。そのような場合、特に日本人はスリなどの犯罪に狙われる可能性が高くなります。

特にアジア、ヨーロッパは日本人観光客が多く、狙われやすいです。対策ですが、一目で旅行者と判る様な目立つ格好は避けましょう。例えばカメラを肩から提げたり、高級時計を付けたり、日本のままのおしゃれなファッションでは皆の注目の的です。また、財布をズボンの後ろポケットに入れるのはやめましょう。スリが第一に狙う場所です。

出典 http://www.tabiplus.com

日本で何気なく行っている行動、習慣が海外では命取りになることも…。それでは、どのようなことに気をつけると良いでしょうか。

滞在国の文化や宗教に配慮をしたファッションをしましょう。

Licensed by gettyimages ®

日本は無宗教と言われていますが、海外では、殆どの国が何らかの宗教を信仰しています。その国・宗教の人と関わる上で、相応しい服装をしていくことが大切です。

イスラム教徒の多い国では、肌の露出に注意が必要。現地の女性は、アバヤやブルカといった体を覆い隠す布(色は国による)で生活しています。さすがに私たち旅行者がそこまでする必要はありませんが、半袖シャツやタンクトップなどで露出するのはやめましょう。

出典 http://fashion.visjp.com

スカートの丈に気をつけましょう。

Licensed by gettyimages ®

日本ではよく好まれている、ミニスカート、ニーハイブーツ、ひらひらの洋服などは一部の国では着られないこともあります。特に下記の国に滞在する場合は注意が必要です。

アフリカのいくつかの国ではミニスカートが法律で禁止されています。彼らの国ではミニスカートの基準は膝が出ていること。さらに身近なところでは、インドネシアもミニスカート(ひざ上丈スカート基準)が禁止されています。その他にもさまざまな国や地域で丈の短いスカートがNGだったりします。

出典 http://fashion.visjp.com

その国の事情をあまり知らない場合、ロングスカートの方が無難のようです。露出が多いと、外国の方に狙われやすくなりますので過度な露出は控えておくと良いでしょう。

カジュアルな洋服を着る。

Licensed by gettyimages ®

富裕層の集まるエリアや国に滞在する場合はNGですが、それ以外の場所に滞在をする場合は、出来るだけカジュアルな洋服を選んだ方が良いでしょう。

旅行者(特に日本人)が狙われやすいのは、ヨーロッパだけじゃなく、世界中どこでもです。「私お金持ってません」オーラを出したさっぱりコーデが好ましいです。

出典 http://fashion.visjp.com

特に治安が良くない地域、スリの多い地域に行く際にはこのようなコーディネートが望ましいでしょう。あくまでも滞在する国にあわせて洋服を選ぶことが大切です。

セミフォーマルな洋服を1着は持っていくこと。

Licensed by gettyimages ®

滞在中、出かける先が全て決まっている。絶対にこのような服装が必要になることは無い。という場合を除いては、1着は持っておくと良いでしょう。

欧米では、TPOに合わせた服装が求められる場合があります。
ふらっとディナーに立ち寄ったお店、誘われて行ったパーティー会場にはドレスコードが決められていて、入店不可なんてことも…。今日のディナーはちょっと美味しいお店に行きたい!と思ったらジーンズにスニーカーでは行きません。セミフォーマルなお洋服を1着用意しておくと安心です。

出典 http://fashion.visjp.com

万が一、そのような洋服が無ければ現地で購入しても構いませんが、1着は持っておくと便利でしょう。ドレスコードを満たせなくてその場に行くことが出来なかったというのは、とても残念なことです。しっかりと準備をしましょう。

意思表示は、しっかりとしましょう。

Licensed by gettyimages ®

日本では、意見をはっきり言わないことが美徳とされていますが、海外ではそれは通じません。言葉にしていないことは伝わっていない、ということを常に念頭に置いておきましょう。

何かトラブルに巻き込まれた際も、きちんとクレームなり、意思表示をしましょう。英語が出来なくても身振り手振りの日本語でも良いのです。相手に意思が伝われば物事は進むものです。日本人は遠慮しがちです。遠慮は日本国内で十分ですよ。

出典 http://www.tabiplus.com

例えば、フライトで荷物が無くなった場合も、根気強く文句を言っていたら出てきた。ということも珍しくありません。

良い旅の想い出を作るために、自分の身は自分で守る。

Licensed by gettyimages ®

海外に行けば、日本とは異なる文化や風習が沢山あります。「何も知らない」と開き直るのではなく、自分の身は自分で守るという危機管理、意識を持っていくことで海外旅行中のリスクを下げることが出来、よりよい滞在が出来ることでしょう。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス