まさに「アナと雪の女王」の世界

世界にただひとつ。トマムの自然が与えてくれた、幻想的な冬の教会。
世界にただひとつ。北海道の冬に、1ヶ月のみ存在する教会。ドーム型の外観をはじめ、祭壇もヴァージンロードも十字架も、すべてが雪と氷でできているアイスブルーの空間。

それは、水が氷に姿をかえる自然の循環のみが創り出せる色。澄んだ氷の結晶が幾重にもかさなり、浮かび上がる美しい青。陽光を浴びれば、淡くやさしいブルーが広がり、夜、キャンドルを灯せば、深く寛容なブルーを解き放つ。すべての瞬間に、表情を変え存在する至高の青。建築物でありながら、自然の創造物。世界でもっとも幻想的な冬の教会。それが、氷の教会。

出典 http://www.snowtomamu.jp

1ヶ月の期間限定で北海道トマムに姿を表す、すべてが雪と氷でできている「氷の教会」。
アイスプルーに包まれ、なんとも幻想的でロマンチックな雰囲気の素敵な教会です。

世界的な建築家・安藤忠雄さんがデザインした「水の教会」が、冬の1ヶ月だけ、「氷の教会」へと姿を変えるのです。

ディズニーの「アナと雪の女王」の世界を彷彿とさせますね。すごく寒いと思いますが、こんな場所で結婚式をしたら忘れられない体験になりますね。

次にこの氷の教会が見られるのは2016年1月9日~2016年2月14日まで。結婚式を挙げなくとも一見の価値ありです。毎年デザインが変かわりますし、訪れる時間帯によって印象も変わるので、何度訪れても楽しめます。

出典 YouTube

こちらは2014年版のものです。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス