環境問題や燃料の高騰などにより世界中から注目され続けている電気自動車(EV)。
「満充電での走行距離が短い」「充電設備が少ない」などの理由から、爆発的な人気には至っていないようです。
確かに長距離を走ることを想定すると少し不安もありますが…

移動が短距離なら?


近所にちょっとした用事で出かけたり、あまり遠くない距離の毎日の通勤に、自転車や原付バイクを使う方も多いかと思います。駐車スペースを取らず便利なのですが、

「雨が降るとメンドクサイ」
「夏は日差しがキツイし冬は風が冷たい」
「荷物を乗せにくく転倒の心配がある」

季節や天候などによって様々な困難が待ち受けていることが有りますね。
バイク・自転車通勤経験者には痛いほどわかると思います。

超コンパクトで、維持費の少ない車があれば!


そんな風に思ったことがある方必見、トヨタ車体から気になる車がでています!

超コンパクトで維持費も安いミニEV「コムス」

出典 http://clicccar.com

そのコンセプトは

C
hotto(ちょっと)Odekake(おでかけ)Machimade(街まで)Suisui(スイスイ)

まさにコムス!


・家庭用のコンセント(AC100V)で充電できます。
・アンペア契約や電気設備を変更する必要はありません。
・満充電時の電気代は約120円。6時間充電して市街地を約50km走行できます。
車検、車庫証明、自動車取得税、自動車重量税などは不要
・普通自動車免許で運転できます。

まじですかっ!Σ(゚Д゚)セカンドカーにもぴったりじゃないですかっ!

かなり気になる電気自動車「コムス」、デリバリータイプがセブンイレブンの宅配車に採用されていたりで、見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ一般家庭で導入しようと思うと、一戸建てでないと充電や保管に不都合があったり、超小型車で一般道を走ることの不安やメンテナンス性など、まだまだわからないことが多いです。

宅配での使用や企業の敷地内での走行などで普及して、もっと便利でリーズナブルに進化することを期待しています。


未来の日本はこのようなシティコミューターがたくさん走っているかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

kosy このユーザーの他の記事を見る

読みやすい文章を心がけつつ、自分の言葉で書けたらと思っています。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • ライフハック
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス