引越しをする時に手続きの方法は理解できていますか?漏れがないように事前にリストを作っておくと、よりラクに引越しができることでしょう。ここでは、引越しのときに困らない、チェックしておくべき引越しリストをご紹介します。リストを見ながらスムーズに引越を楽しみましょう♪

引越の手続きはたくさんあって漏れてしまいがちです。漏れないようにリストを作ると便利ですね。

リスト1 「住民票の手続き」

手続きが簡単な同一市町村内の引越の場合

出典 https://jp.pinterest.com

同一市町村内に引越を行う場合には、転居後14日以内に転居届(住民異動届)を役所に提出します。必要な書類は本人確認書類(免許証や保険証等)と印鑑です。

違う市町村への引越では転出届けを忘れずに!

出典 https://jp.pinterest.com

違う市町村に引越を行う場合には、引越の14日前より、引越までの間に転出届(住民異動届)を提出する必要があります。身分証明書と印鑑、国民健康保険証(加入の場合)が必要です。提出すると転出証明書が発行されます。引越先では14日以内に転入届けが必要です。その際には、発行された転出証明書と身分証明書、印鑑を持参してください。印鑑証明書の再手続きを行い、国民健康保険への加入の必要もあります。

もしも、転出の手続きを忘れた場合には、転入届けの提出ができなくなりますので、注意が必要です。市町村によっては郵送での手続きを受け付ける場合もありますので、お問い合わせしてみると良いでしょう。

また、本人が諸事情により、住民票の手続きを行えない場合には、委任状による代理申請も可能となります。忘れる前に早めに手続きを済ませると良いでしょう。

リスト2「郵便局の手続き」

郵便局の手続きとは、「転居届けの提出」のことです。提出することで引越後1年間は郵便物が転居先に送られることになります。

もしも手続き行わないと引越前の住所に郵便物が配送されてしまい、大切な情報が届かなくなる恐れがあるので、忘れないて手続きするようにしましょう。また、手続きを忘れてしまうと、個人情報の漏洩にもつながります。

リスト3「各種保険の手続き」

保険類の住所変更手続きは忘れないようにしましょう。その他、クレジットカードや銀行のカード等の住所変更手続きも必要となりますので、リストに加えておくと安心できます。レンタルビデオショップやポイントカード等で住所登録のあるものも変更するようにしましょう。

リスト4「水道・ガス・電気の手続き」

引越の際には、公共料金に関する変更手続きも必要になりますので忘れないようにしましょう。

水道の場合には、引越の3〜4日前までには利用停止の連絡を電話、又はインンターネットから入れてください。お客様番号や給水番号が予め分かると連絡のときには便利になります。また、引越先で利用開始の手続きは電話やインターネットに加えて葉書でも申し込みが可能です。引越先ですぐに水道が利用できるように、引越当日までには手続きを完了しておくことがオススメになります。

ガスの場合にも、引越の3〜4日前までには、利用停止の連絡を行いましょう。ガス料金の請求書を手元に準備しておくとスムーズに必要な情報が伝えられます。停止の際には、エンジニアに作業してもらう必要があるので、候補日を複数伝える必要があるでしょう。

同時に、保証金の返金手続きや引越日までの使用量の清算を行います。引っ越す一週間前位までには、使用開始手続きを行っておくようにしましょう。使用開始には立ち会いが必要となる場合が殆どです。スケジュールをあけておくようにしましょう。

また、使用開始にあたり、保証金を支払うケースがあります。お金の準備(約1〜2万円)を忘れないようにしてください。

電気に関しての手続きもガスと同様の手続きが必要です。公共料金の停止の手続きを忘れてしまうと、引っ越したにも関わらず、基本料金が発生してしまう可能性があるので、忘れないようにしてください。

リスト5「インターネットの手続き」

引越前後では、様々な手続きの管理等でインターネットを利用するケースがあるでしょう。引越後にもスムーズに利用できるように、インターネット回線の契約、変更等は忘れないようにしてください。

現在契約しているプロバイダーが引越先でも利用可能かを確認すると良いでしょう。マンション等では決まったプロバイダーしか利用できないケースがありますし、地方によって利用できないプロバイダーもあります。

解約の手続きの際にはプロバイダーに相談すると良いでしょう。手続き方法は会社によって異なります。事前にサポートデスクへ問い合わせてみてください。契約期間中の解約には違約金は発生する会社がありますので、早めに確認すると良いでしょう。

連絡が遅れてしまうと新居で数日間ネットがつながらないことも。現代人としてはなかなか不便な状況ですので、忘れずに!

リスト6「電話の手続き」

引越を行う場合には、固定電話と携帯電話の引越の手続きが発生します。それぞれについての手続きは次の通りです。

固定電話の場合には、電話での手続きとなります。「116」に電話をかけて、契約者名、電話番号等の必要な情報を伝えて引越の手続きを行います。特に書類は必要ありません。引越先では回線引き込みの工事等が発生する場合がありますので、なるべく早めに手続きを行うようにしましょう。

既に配線されている場合と新規に配線する場合では工事費用が異なりますので、確認するようにしてください。また、引越アナウンスと新規電話番号のアナウンスを希望する場合には、NTTにその旨を伝える必要があります。申し込みにより、約3ヶ月程、電話による案内が可能です。

次に携帯電話の場合には、住所変更の手続きが必要となります。どのキャリアでもインターネット、携帯電話での変更が可能ですので、確認してみてください。もちろんショップ窓口での変更も可能です。窓口の場合には、身分証明書の提示が必要となりますので忘れずに持って行ってください。電話での手続きも可能ですが、キャリアによっては条件がありますので、サポートデスクに問い合わせてみてください。

リスト7「車やバイクの手続き」

住所変更や車庫証明等の手続きが発生します。車やバイクを持っている場合には、是非リストに加えておくと良いでしょう。

運転免許証の住所変更は管轄の警察署で行います。手続きには印鑑や新住所を確認できるものが必要となります。忘れないで準備しておきましょう。

車庫証明の取得も警察署で行います。その際には車庫の配置図が必要となりますので、準備しておきましょう。駐車場を借りている場合には、自動車保管場所使用承諾証明書が必要となりますので、事前に取得するようにしてください。
自動車の登録変更は引越後15日以内に陸運局で行います。車検証や住民票、車庫証明書、印鑑が必要です。

リスト8「転校の手続き」

もしも子供がいる場合には早めに済ませる必要があります。公立の学校への転校の手続きは在学中の学校から在学証明書と教科書給与証明書を所得してください。役所に転出届けを提出する際に入学通知書を発行してもらい、引越先の学校に提出するのです。子供のためにも忘れないで手続きを行ってくださいね。

また、私立の学校への転校を行う場合には、希望の学校に枠が空いているのかをしっかり確認してください。転入試験など、学校によって手続きが異なるので、学校に問い合わせて確認する必要があります。

注意が必要なことは4月の引越の場合には、学校によって入学式、始業式のスケジュールが異なることです。転校してみたら、実は学校が始まっていたというケースも考えられますので、事前にしっかりリサーチしましょう。

子供同様に可愛がっているペットがいる場合にも登録変更の手続きが必要になってきます。役所又は保健所で忘れずに手続きを済ませてくださいね!

どれも大切な手続き!忘れずにしっかり行ってください

引越には必要となる手続きがたくさんありますね!直前に慌てないためにも事前にリストを作成するようにしましょう!引越のやることリストに手続き関係を一緒に記載しておくと便利ですね!スケジュール管理帳を可愛いものにする等楽しい引越にしてくださいね!

この記事を書いたユーザー

くらら このユーザーの他の記事を見る

まだ始めたばかりですが、お試しで色々書いてみたいと思います♪

得意ジャンル
  • おでかけ
  • グルメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス