記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
最近、特に男性の方で何となく性欲のほうがイマイチだな、と感じているかたはいませんか?
仕事が忙しい時期だからかな、風邪気味だからかな、年のせいかな…以前はこんなことはなかったのに、と思っている方は案外多いのではないでしょうか。

今回は、性欲減退を促進してしまうかもしれない、NGな食べ物について医師に伺いました。

パートナーに相談しにくい「性欲減退」について

ほかの体調変化と異なり、性欲の減退は、奥さんや恋人などパートナーにも相談しにくく、実際はそうではないのにセックスパートナーに「浮気?」「私に飽きたのかしら…」といった変な誤解を与えたりすることもあるのではないでしょうか。この性欲の減退、可能であれば早目に対処して治してしまいたいですよね。だからといって、性的機能そのものに問題がないのに、以前より性欲が減退しているからという理由ですぐに泌尿器科など医療機関に受診する方はあまり多くはないのではないかと思います。

そこで、仕事の疲れや睡眠不足によるストレスのほかに、性欲を減退させる原因の一つとして食生活があるのではない考えられています。ではささっそく、男性の性欲減退につながる可能性があると考えられる食べ物について簡単にご紹介したいと思います。

性欲減退を促進する可能性がある食べ物4選

性欲アップ、と聞くと、うなぎや長いも、牡蠣などの食材が頭に浮かびますが、逆に性欲ダウン、といわれるとなかなか思い浮かびませんね。
でも食べ過ぎると、性欲ダウンにつながる可能性のある食べ物が私たちのごく身近に、たくさんあるんですよ。 下記をみてみましょう。

【1】市販の揚げた食品

Licensed by gettyimages ®

代表的なものとして、

・ポテトチップス
・チキンナゲット
・フライドポテト

…などもこれに入りますね。揚げ油にトランス脂肪酸といわれる成分が含まれる例が多くあり、肥満や心疾患のほか気力の低下などにも関与する可能性があるとされています。物事に対するやる気がそがれることで、性欲が低下する可能性は十分に考えられますよね。このトランス脂肪酸、アメリカでは2018年までに全面禁止の方向で調整されているようです。手軽でおいしいものではありますが、摂り過ぎには注意する必要がありますね。

【2】アルコール

Licensed by gettyimages ®

ほんの少し飲むと相手がいつも以上に魅力的に見えたり、性欲が刺激される可能性もありますが、やはり量が増えると性欲はダウンしてしまいます。飲み過ぎで肝臓がやられたりすると、倦怠感が出現してセックスをする気力や体力そのものが失われてしまう危険すらありますよね。

【3】甘い菓子類

Licensed by gettyimages ®

男性でも、一度に2個や3個くらいケーキを食べたり、コーヒーにスプーン何杯も砂糖を無造作に入れたりする甘党の方がいますが、精製された糖分は急激に血糖値を変動させてしまいますので、このことで性欲をダウンさせてしまうことが知られています。

【4】乳製品

Licensed by gettyimages ®

意外なところでは、乳製品の摂り過ぎも性欲にはよくないとされています。身体にだるさを出してしまうためです。余談ですが、乳製品の摂り過ぎは、女性の生理痛を引き起こす物質であるプロスタグランジンという物質を増加させ、生理痛をひどくしてしまう作用もあります。

≪生理痛がひどくなるのは生活習慣が原因かも…≫
1分で簡単チェック【生理痛になりやすい生活習慣】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

いずれも身近な食品で完全に避ける必要は全くありません。ただアルコールの量が多い方、ファーストフードの揚げ物が大好きな方は、少し意識して控えめにしてみる程度でよいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス