記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
毎年検診を受けていたにもかかわらず、ある日乳がんが突然見つかり、すでにリンパ節転移もあった、という北斗晶さんのニュースは「一年に一回の検診さえ受けていれば大丈夫」という多くの人の認識を揺るがす出来事でしたね。

年に一度の検診では乳がんのリスクを避けることはできないのでしょうか? 10月は「乳がん月間」ということもありますし、今回は乳がんの検診について、医師に詳しく話を聞いてきました。

マンモグラフィーと超音波検査

まず知っていただきたいのが、年一回の乳がん検診で見つからない乳がんが多いわけではないということです。通常乳がんはゆっくり大きくなるがんです。しかしまれに進行のスピードが非常に速いものがあり、検診で見つからなかった乳がんはそういったものであった可能性が高いです。乳がん検診で触ってもわからない程度の小さな腫瘍が見つかり、乳房を温存できる小さな手術で済んだ、といった話もよく耳にします。

ただ、20代〜30代の日本女性の場合、スリムで胸にも脂肪が少ないので、乳腺が密になっていることから、マンモグラフィーで腫瘤(しゅりゅう)が見つけにくいといわれています。こういった場合は超音波検査(いわゆるエコー)のほうが、がんが見つかりやすいケースも多いようです。自分の胸ではマンモグラフィーと超音波検査、どちらの方がよく病気が見えやすいか、知っておくと良いでしょう。

セルフチェックをプラスしよう!

例外はあるものの、毎年検診を受けることで、ほとんどの乳がんは早期発見可能です。しかし、 特にリスクの高い40代以上の女性は乳がん検診を受けたうえで自分でも

・胸のしこり
・くぼみ
・ひきつれ

などの異変がないか、時々セルフチェックしましょう。

パートナーに指摘される場合もあるかもしれません。以前はなかったような異常を発見したら、すぐに乳腺外科を受診するようにしましょう。先延ばしにするのは絶対によくありません。

乳がんは早期発見すれば、90%以上が完治するといわれています。不必要に怖がりすぎず、冷静にセルフチェックを繰り返すことが大切です。

「女性の乳がん」に関する意識調査について

乳がん検診を毎年受けない三大理由は、「お金がかかる」「時間がない」「年齢的に早い」とのこと。具体的には、以下のような調査結果が出ています。

・乳がん検診の受診率(年代別)
20~59歳の女性400名に対して、「最後に乳がん検診を受けたのはいつ頃ですか」という質問をしたところ、、40~44歳の4割以上(42.0%)は1年以内に検診を受けており、20~24歳の8割以上(86%)は検診経験がないという結果になりました。

また、「乳がん検診を受けたことがない」と回答した人が約半数(47.8%)でした。

・乳がん検診を毎年受けない理由
乳がん検診を1年以上受けていない、または受けたことがない人(314名)に対して、「毎年検診を受けない理由は何ですか?」という質問をしたところ、1位「お金がかかるので(40.1.%)」、2位「時間がない(32.5%)」、3位「年齢的に早いと思う(22.0%)」という結果になりました。

特に、34歳以下で「年齢的に早いと思う」と回答した人は4割以上、「検診の受け方がわからない」と 回答した人が3割以上という結果になり、検診を受けることが当たり前になっていないことがわかります。

※本調査はメットライフ生命調べ(2015年8月11日~8月18日)

≪不正出血には子宮のトラブルが隠れているかも!≫
不正出血、もしかしたら病気のサインかも…見分けるポイントは

【医師からのアドバイス】

意識調査の結果ですが、みなさんは、いかがでしょうか。いずれにせよ、検診の重要性を認知拡大する必要がありますね。

繰り返しますが、毎年検診を受けることで、ほとんどの乳がんは早期発見可能です。検診とこまめなセルフチェックで、女性16人に1人がかかるといわれる乳がんに命を脅かされるリスクを大きく低下させることができるのです。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス