記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
Instagramから、“謎の美男子“として話題になり大人気となったタレントのGENKINGさん。彼の華々しい活躍の裏には、「突発性難聴」と「メニエール病」という二つの難病を乗り越えたという過去があったとブログで告白しています。

まず勘違いしないで欲しいのは、多くの人に病気の事を知って貰いたかった訳じゃないって事。
僕のBLOGには、毎日恋の悩みだったり、病気の話だったり、人生相談の様なコメントを書いて貰えてるんだけど、そのコメントを読んで、僕が経験してる事で少しでも支えになれたらと返事をしてるのね!
今回の病気の事も、病気の種類は違うけど病気と戦ってる方に、エールを送りたかった。
左耳の聴力をほとんど失って、不安でやりきれなかったけど、今は乗り越えて、自分に持病がある事も忘れちゃう位、笑顔で過ごせてるんだって事を伝えたくてね。

左耳の聴力をほぼ失いかけながらも、前向きに乗り越えていく姿は突発性難聴とメニエール病以外にも病気と闘う人たちみんなに勇気を与えてくれます。

今回はGENKINGさんを襲った「突発性難聴」「メニエール病」がどのような病気なのか、医師に聞いてみました!

突発性難聴とは?

なんの前触れもなく耳に原因不明の難聴を感じる病気で、過去には作曲家の坂本隆一さんや歌手の浜崎あゆみさんが罹ったことでも話題となりました。
原因は未だに不明のため治療法が統一されていないのですが、耳鼻咽頭科での正確な診断と早期の治療をすることによって治すことは可能です。

多くは片耳だけに発症し、両耳に発症することはまれです。自覚症状は下記などがあげられます。

・耳に何かが詰まったような聞こえづらさ(耳閉感)
・耳鳴り
・目眩

40〜50代の大人が発症することが多いようですが、こどもや高齢者が発病することもあります。

はっきりとした原因は分かっていないのですが、主に下記等が説として挙げられています。

・ストレス説
・ウィルス感染説
・内耳循環障害説

また、突発性難聴を発症した人には生活習慣の乱れが多く見られたため、肉体的・精神的なストレスが原因だという説が有力です。

なかなか痩せられない理由、それは生活習慣に…生活習慣の乱れは早めにチェック

発症してしまった場合は早期発見・早期治療が大切です。発症から約一週間以内に治療をすれば治る可能性は十分にありますが、一週間を過ぎてしまうとどんどん治りにくくなります。

メニエール病とは?

メニエール病は女性に多く、発症年齢は30歳代後半から40歳代前半がピークだと言われています。しかし、性別・年齢に限らず、誰もがこの病気を発症する可能性は持っているのです。過去には、歌手の久保田利伸さんやジャーナリスト鳥越俊太郎さんなどがメニエール病を発症しています。

メニエール病は、内耳の病気で、

・繰り返すめまい
・難聴
・耳の閉塞感
・耳鳴り

などを伴います。
これらの症状が悪化、軽快を繰り返します。難聴は、低い音が特に聞こえず耳鳴り、めまいに連動して変動します。一般に、片側の内耳の障害ですが、時には両側とも障害されることがあります。

メニエール病のめまいは、不定期に繰り返し、往々にして、精神的ストレスや過労が発作の誘因となります
めまいを繰り返す間隔は人によって違い、数日~数ヶ月、あるいは1年に1回など様々です。激しいめまいは、普通30分~数時間続きます。めまいの軽快とともに、耳鳴り、耳の閉塞感、難聴は軽くなったり、消失したりします。めまいが激しいときは、これらの症状以外にも、吐き気、嘔吐、冷や汗、動悸が起こります。

メニエール病、というと、若い女性がストレスでめまいを起こす病気、というイメージがあるのではないでしょうか。メニエール病を引き起こすと考えられているのは、ストレス、睡眠不足、疲労、気圧の変化、几帳面もしくは神経質な性格です。

病気が完成しないうちに早期の判断と治療を始めることによって、メニエール病の進行を食い止めたり、治癒させたりできます。

しかし、病気が完成してしまい、めまいと難聴の悪化と軽快を繰り返しているうちに、身体の平衡の乱れや難聴が進行し、治らない状態になってしまいます。

残念ながら、メニエール病の原因は今のところ不明です。そのため、根本的治療法はありません。現在のところ行われている基本的な治療は以下のようになります。

原因の1つと考えられているのが、内耳のリンパ腔が大きくなっている(内リンパ水腫)ことです。そのため、内リンパ圧を下げる利尿剤を使います。
また、血流改善剤やステロイド剤を使うこともあります。めまいが起こっているときは、前庭反射を抑制するということから、鎮静剤を使うことがあります。めまい発作が薬でうまくコントロールできない場合は、手術を行うこともあります。

メニエール病の誘因になるのは、しばしば、長期にわたる精神的緊張の持続、過労、睡眠不足が見られます。そのため、ライフスタイルの改善、ストレス解消方法を見つけるなども大切になります。

≪自分でも気がつかないうちに心が病んでいるかも…≫
心のお疲れが爆発する前に、今の心の状態を知るには

【医師からのアドバイス】

いかがでしたでしょうか?「突発性難聴」「メニエール病」もストレスが原因の一つとして考えられており、ともに早期発見が非常に重要な病気となります。早期に発見することがこれらの病気の治療につながりますので、少しの違和感でも早めに受診することが大切です。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス