記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
運動不足は腰痛や便秘をはじめとする身体の不調を引き起こします。ランニングや水泳といった激しい運動ではなくとも、ストレッチやウォーキングなど少しずつ運動したいものですね。運動不足は毎日のちょっとした動きを変えるだけで解消できちゃうかも!まずはチェックをしながら普段の生活で見直せるポイントを探してみましょう。

自分は大丈夫!と思っている人は、本当に運動が足りているかDoctors Me医師監修のセルフチェックで調べてみましょう。
下記の10個の質問のうち、何個当てはまるかチェックしてみてください。

□上の階に行くときはほとんどエレベータやエスカレータを使う

□体を動かすのは億劫だ

□夕方や夜などに、1日の疲れを感じやすい

□階段を少し上っただけでも、息が切れて疲れる

□休みの日は家でゴロゴロしている

□しばらく体重を測っていない

□ちょっとした距離を歩かないといけないとわかると、うんざりしてしまう

□運動する時間がとれない

□最近疲れやすい

□動き出すのがおっくうだ

いくつ当てはまりましたか?






気になる結果は…

当てはまる数が「2個以下」の人

運動していますね!

日常生活においては、運動不足ではないようです。
引き続き身体を動かす習慣を続けていきましょう。

かんたんな運動から有酸素運動を始めると、筋肉量が増えて基礎代謝が上がります。心と身体の健康のためにも運動は欠かせません。食事の栄養バランスや睡眠の質にも気を付けて健やかな日常を送れるようにしたいですね。





当てはまる数が「3〜7個」の人

運動不足ですね。

運動量が足りていません。
このままの生活を続けていると、生活習慣病を患う可能性が大いにあります。運動習慣は、肥満、高血圧、動脈硬化、骨粗鬆症など様々な生活習慣病の予防になるので、運動する習慣を付けましょう。

エレベーターより階段、など日常生活でできることから始めていきましょう。1日5分のストレッチからでも構いません。無理をせず、軽い運動を続けていくことが大切です。年齢を重ねて身体が全然動かなくなってからでは遅いのです。

生理痛が重いのは体質のせいじゃない?生理痛を悪化させる習慣をチェック





当てはまる数が「8個以上」の人

運動不足度MAXです!!!

あなたの運動不足レベルは、大変深刻です。
運動習慣は、肥満、高血圧、動脈硬化、骨粗鬆症など様々な生活習慣病の予防となります。
例えば、ちょっとの距離なら歩く、エレベーターでなく階段を使うなど日常生活でできることから、体を動かすことを始めていきましょう。

無理をせず、軽い運動を続けていくことが大切です。
お風呂上がりや寝る前のストレッチも効果的です。身体を動かすことでリフレッシュになり、翌朝スッキリ起きれるかもしれませんよ。

いかがでしたか?運動不足、という結果が出てしまった方は、この質問の中から少しずつ改善して健康な身体をつくっていきましょう!

また、運動不足以外にも「肥満」につながってしまう生活習慣はたくさんあるもの…まずはチェックしてみましょう!

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス