記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
精液を肌に塗ると美肌効果がある、肌が若返る、なんて話を聞いたことはありませんか?

本当に美肌効果があるのか、また、塗ることによるリスクなどはないのかどうか、医師にインタビューしてみました。

精液を肌に塗ると、美容効果が得られるの?

雑誌などでいろいろ情報が氾濫していることと思いますが精液での美容効果などはまず期待できません。もともと子孫を残すための液体であり、精液を活発にする物質は入っていてもそれが皮膚に働くものではありません。感染症でまず危険とされるのは体液とされ、体液の代表的なものが血液、腟分泌液、そして精液となります。尿は腎臓の細かいフィルターを通っているので比較的病原体を含む可能性は少ないです。

女性に対して性的に快楽を得たいがためにこのような情報が出回っているのではないかと推察します。雑誌やテレビなどの情報がすべて正しいわけではありません。これさえすれば全て健康、という方法もありません。何事もバランス良くです。情報をしっかり吟味して曖昧な情報に振り回されないようにすることも大切です。

≪避妊、しっかりできていますか?正しい避妊チェック≫
自分のセックスが安全だって言いきれる?危ないポイントはこんなところにも

精液を肌に塗ることによるメリット、デメリットは?

精液を塗るとやはり独特のにおいがしたりして、快適かといわれればそうではないかと思います。射精した男性が何らかの性感染症を有していれば目や口などの粘膜を介してその病原体に感染してしまうこともあります。

下記は、精液により感染する可能性があるものです。

・トラコーマ
先進国では減少していますがクラミジア(Chlamydia trachomatis)は目に感染しますとトラコーマという疾患を起こし適切な治療をしないと角膜潰瘍、角膜混濁を起こし、今でも発展途上国では失明の大きな原因となっています。

・B型肝炎
B型肝炎も精液でうつります。黄疸や倦怠感、食欲不振などがみられ通常は安静と栄養補給で一過性に治るものですがごく一部に劇症肝炎という非常に激しい肝炎を起こして死に至ることもあります。

・梅毒
また梅毒は様々な症状が出ますが皮膚症状ののちに長年かけて神経症状を起こし、認知症との鑑別がいるような神経梅毒というものを起こしえます。早期に発見し抗生物質でしっかり治療することでこのような状況を防ぐことができます。

・HIV
また、お薬が劇的に進化して生存期間が延びてきてはいるものの継続的な治療が必要なHIVも精液中にウイルスが含まれて粘膜や皮膚の傷を介して感染することがあります。感染力は弱いと一般にはされているものの全くないわけではないので注意が必要です。

そのほか淋菌も目や喉などに炎症を起こしますし子宮頚癌ウイルス(ヒトパピローマウイスル)も喉のがんとの関連性が最近いわれるようになってきています。

このように考えますと、明らかにデメリットがほとんどである、と言えるでしょう。

精液にはどのような成分が含まれている?

精子の他に果糖,プロスタグランジン,前立腺由来のスペルミン,クエン酸,コレステロール,線維素溶解酵素,亜鉛,酸ホスファターゼなどが含まれています。感染者の精液では性感染症に属する病原体が含まれていることになります。

≪気になるパートナーの性欲度チェック≫
本当はパートナーはベットタイムに前向きじゃないかも…知りたい?

【医師からのアドバイス】

精液を肌に塗ることで美肌効果が得られるかと聞かれると、YESとは言いがたいと考えます。やはり、化粧水を塗ったり、乳液を塗ったりするような、一般的な肌のケア方法が望ましいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス