ママ友、います?

Licensed by gettyimages ®

ママ友って、女同士の陰湿な関係とか・・・ラインいじめとか・・・世間は「大変だよね」って空気ですが、ぜんぜんそんなことないよ!楽しいよ!!っていう人たちも、案外多いんです。

そんなママ友たちの関係、集めてみました。

そもそも、ママ友は子供のためのお付き合い

Licensed by gettyimages ®

何か問題が起きたとき、お互いの顔を見知って、どういう方針で育てているか知っていれば、許せることもあるんです。いろんな情報をもらったり、噂話から先生と良好な関係を築くコツがわかったり・・・

子どもたちの関係をスムーズにするため、子どもたちを喜ばせるため、母たちはかりそめの友達関係を築くのですね。

子どもって、お母さんが関わってくれるのを案外よろこんでくれるんですよね~

スパイ組織!?すごいスキルをお持ちのママ友グループです。

お互い、けっこう助けになることも。

ママ友ってどういう付き合いなの?

Licensed by gettyimages ®

みなさん、どういう風におつきあいしているのでしょう?

おしゃべりは基本

悩んでいたことも話してみると「あー、うちもだよ」のヒトコトで楽になったりしますよね。

痩せたいは、挨拶!

もはや親友レベルです

アドバイスをもらったり

焼き方のコツ、わたしも知りたいです!

100グラム98円も羨ましいし、それを美味しくするコツも、羨ましい…

おすそわけをしあったり

新鮮なサンマ、あしが早いからおすそ分けできるのも嬉しいんですよね。もちろん、貰うほうはもっと嬉しい!

セレブだって、おすそ分け。

ツイッターも、ママ友も似た感じですよね

子守りをしあったり

ママ友と子守をしあえば、オタ活も捗りますね

ホームパーティをしたり

時間が限られているからこそ、楽しみ方を見つけるのはうまいですね!

意外と用意するのも片付けるのもラクで、気どらないパーティ、ママ友らしいですね

うまくやるコツは?

Licensed by gettyimages ®

面倒、トラブル、疲れた・・・そんな関係があるのも事実。たしかに女同士の関係って、こじれると面倒くさいんですよね。では、うまくやれるコツってあるんでしょうか?

お互いのダークサイドは、見ないふりも礼儀だったりしますね

お互いの親子関係が第一、その補助としてのママ友づきあい…という前提は必要ですね。赤ちゃん〜4歳くらいまでは、話の途中で子どものところに走って駆けつける瞬間も、結構必要だったりしますよね。

地元育ちだったり、上の子がいたりすると、いろんな情報がはいってきていたり、地元のイベントを把握していたり…自分だけでは手に入りにくい、カバーできない情報をフォローしあえると、週末のお出かけに困らないかもしれませんね。

礼儀を守り、依存しすぎず…子どもが第一で、期間限定の付き合いだからこそ、難しいバランスです。

逆に、自分が外す側になっていないかも、注意したいですね。週末公園で軽いピクニックしようか〜とか、ハロウィンパーティしようか?なんていう情報は、なるべくみんなに声かけできるよう心掛けたいです。

また、その際、たとえ返事が返ってこなくても、いちいち気にしたり、非常識ね…なんて糾弾しないのも、気持ちよくすコツかも。もしかして介護中かもしれないし、仕事が佳境かも。家庭になにか大きな事件が起きたかも。

大人の関係というのは、そうした事情を説明しなくても、鑑みることができる…ということではないでしょうか。

なにより大切なのは、コレかも⁉︎金銭事情も、生活レベルもそれぞれ。比べて隠して…よりも、さっぱりとオープンになれるといいですね!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス