出典 https://twitter.com

大工として毎日一生懸命働く”さとやん”さんコンビニに立ち寄った時、見知らぬ女性二人の会話が聞こえてきたそうです。その会話に対して「ひとつだけ」とツイートし多くの反響と共感を呼んでいます。いったい、女性の心無い会話とは?さとやんさんのツイートの内容とは?

『現場って品ないよな』

『汚れすぎやろ』て言うてんの聞こえた。

出典 https://twitter.com

大工として現場で働く、さとやんさんの耳に聞こえてきたのは誇りを持って働く仕事を侮辱される言葉。この場で激怒してもおかしくない状況なのですが、さとやんさんはTwitterにこの言葉を投稿しました。

身が竦むような場所に達にツイートされた現場の状況。

全ての建物
その汚い品ない大工達が
命かけて建ててんねん。

出典 https://twitter.com

夏は容赦ない太陽に照らされ、冬は凍えるような寒さの中で、過酷な現場で命をかけ働いてくれる大工さん達。この言葉を聞いたら、あの女性達は何を思うのでしょう・・・また、同じようなことが言えるんでしょうか・・・

このツイートには多くの共感の声が届きました。

一年の四季を感じながら、外で一日中働く方々には本当に頭が下がります。雨に打たれる日もあると思います。強風に足元をすくわれそうになったこともあると思います。そんな過酷な状況でも誰かのために一生懸命、家やビルや道路や様々なモノを作ってくれる、作業着が汚れていればいる程、それは真剣に仕事に取り組んだ証ではないでしょうか。その姿勢はとても美しくカッコイイと思います。

ちなみに、この写真は現場監督や先輩達にサポートしてもらい撮られた写真です。現場の危険性は現場にいるプロが一番分かってるんですね。真剣な場所でふざけて撮られた写真ではありません。誰かが汗水たらしてくれて私達は安心して眠れる家があります。品のない仕事なんてありません。どんな仕事も人に必要にされています。さとやんさんのプロ意識には見習うべきところがとてもたくさんあるように感じます。ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス