福岡市役所西側ふれあい広場で2015年10月9、10、11日の3日間、『FukuokaAsianParty』が開催されました。HKT48やRev.from DVL、LinQなどの福岡のアイドルが出演するほか、lolやDream、アジアのアーティストも登場してイベントは大盛況のうちに終了しました。

その中でも特に異彩を放っていたのが、11日最終日に登場した脱毛サロン「脱毛ラボ」プロデュースのステージ。

その名も「歌の毛謡祭 2015オータム」!

「歌の毛謡祭 2015オータム」では、脱毛ラボが、独自の調査で「毛にまつわる名曲」をランキング!そのベスト3を美人タレントたちが歌うというものでした。

第3位は、オフコースの「さよなら」。第2位は、槇原敬之の「もう恋なんてしない」。どちらも、一見「毛」には関係ない歌のように見えますが…。

オフコースの「さよなら」をメロディアスに歌い上げる、モデルの君代さん。出身はマニラとのことで、エスニックな雰囲気で「歌の毛謡祭」に華を添えています。

モデルの原アンナさんは、笑顔いっぱいで「毛恋なんてしない」と歌っていました。失恋ならぬ「失毛」なら、ぜんぜん寂しくないかも?

1位は西城秀樹の「ギャランドゥ」!

第3位、第2位と少々こじつけっぽい名曲が続きましたが、この第1位には誰もが納得!

ノリノリで歌い上げるモデルの愛菜さん

盛り上げ方も一流で、ステージと観客が一体となっていました。

彼女たちの歌声によって、歌の中に潜むが「毛」が頭から離れません…脳内に焼きついてしまった「毛」を無くすために、脱毛ラボで脱毛したくなりました(笑)

「歌の毛謡祭2016」の開催を思わず祈ってしまうステージでした。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス