南半球随一のビッグイベント「ビビッド・シドニー」を知っていますか?毎年冬の到来(シドニーでは冬)と共に幕を開けるこのイベントが、5月23日から始まりました。

ビビッド・シドニーは、日が沈む午後6時過ぎからシドニーの街を舞台にして、イルミネーション、音楽、アイデア(芸術や生活そのものに関するヒント)の3つのテーマを軸に、世界各地で活躍するアーティスト、クリエーターたちがオーストラリアのクリエイティブ産業と一丸になってシドニーの街を彩るイベントとなっています。 国内外のアーティストがコンサートをしたり、屋台が出店したりもしており、刺激に満ち溢れた時間を過ごすことができます。

今回は、この壮大な光と音の祭典の様子を写真で紹介したいと思います!

色鮮やかにライトアップされるオペラハウス

街中を彩るライトショー

ハーバーブリッジもカラフルに

一つの街がこれだけライトアップされる姿は、まさに圧巻の一言です。

このビビッド・シドニーは毎年この時期に開催されていますので、今後オーストラリアにいく機会がある人はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?ちなみに、今年のイベントは6月9日まで開催されています。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス