10億人以上のユーザーに利用され、1日あたりの動画視聴時間は数億時間、視聴回数は数十億回にものぼると言われている『YouTube』。もはや生活には欠かせないYouTubeですが、実は、快適に視聴する為の“隠しコマンド”なるものが存在する事は…あまり知られていません。

今回は、そんな知る人ぞ知る…“隠しコマンド”を、キーボードの写真を交え、わかりやすく説明致しますので、是非この機会に、便利すぎる隠しコマンドを覚え、快適なYouTubeライフを送って下さいね!

『K』ボタン → 【再生 / 一時停止】

おそらく一番利用するのが、この『K』ボタン。今までの苦労はなんだったのか…と思うほど便利な『K』。なお、スペースキーでも代用出来ますが、機種によっては反応しない場合もありますので、再生/一時停止は『K』と覚えておきましょう!

『M』ボタン → 【ミュート(音を消す)】

動画を開いた瞬間に爆音が!という時に役立つのが『M』ボタン。これは本当に使えます!

『F』ボタン → 【大画面(フルスクーリン)】

動画を大画面(フルスクリーン)で見たい時は『F』ボタンを押せばOK!ちなみに、今回紹介する隠しコマンドは、全て“2度押せば元通り”になりますので、ご安心ください!(早送り機能&巻き戻し機能は除く)

『0』or『HOME』ボタン → 【動画を0:00に戻す】

『もう一度見たい!』という時に役立つのが『0』or『HOME』ボタン。一瞬で0:00に舞い戻ります。(キーボード右下の数字欄に『0』がある方は、そちらを押しても反応しますよ。)

『1~9』の数字キー → 動画を10等分し、押した数字の割合の場所まで飛ぶことが出来ます。

チャプター機能のようなシステムで、仮に『5』を押した場合、動画のちょうど半分の所に飛ぶことが出来ます。10分を超えるような長い動画には、特に有効な機能です。

10秒前に戻したいなら →『J』

ハプニング映像など、衝撃の瞬間を、何度も見たい時は『J』。これは本当に役立つ機能。覚えておいて損は無し!

10秒先に飛びたいなら →『L』

ネタバレは嫌なんだけど、前フリを見ているほど時間に余裕がない!という方にオススメなのが『L』。10秒のコマ送り機能…これ、意外に便利なんです。

5秒前に戻したいなら →『左 / Left』

5秒先に飛びたいなら →『右 / Right』

いかがでしたか?

知る人ぞ知る…YouTubeの隠しコマンド。なお、この隠しコマンドを紹介したのが↓の動画になるのですが…

出典 YouTube

たった5日で、2万イイネを獲得!やはり、たくさんの人々が、この隠しコマンドの存在を知らなかったようですね。

YouTube生活を快適にする…便利すぎる隠しコマンド。時間短縮はもちろんのこと、作業が本当に捗りますので、家族や友人にも是非、この隠しコマンドの存在!教えてあげて下さいね!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス