結婚すれば、相手の家族との関わりも大切になってきます。中でも嫁と姑の関係は、TVドラマでもよく使われるジャンルでもあり本当に難しい課題だと思います。関係が悪化することでパートナーとの関係が悪くなり最悪の場合は離婚と言うことにもなりかねません。

そこで、お得情報として姑との関係を上手く保つための5つのポイントをご紹介します。この5つのポイントは筆者の母が教えてくれたことですが、今のところ姑との関係は上手くいっているようです。

①教育方針をパートナーと共に決めておく

姑は、自分が子供を育てたような方法で孫を育てたいと当然のように考えているかもしれません。果たしてその方法が今の世の中に適応するかと考えた場合、NOが多いようです。例えば、項目としては、幼児期に食べてはいけない食べ物就寝時間テレビを見る時間など挙げられます。

そのため、パートナーとしっかり子供の教育方針を決めることで解決しましょう。姑に対して出来るだけ、声のトーンも穏やかにして話すことで姑の主張も徐々に傾いてくると思います。

②姑が家のルールを守らない場合も受け入れるようにする

家で決めているルール(就寝時間や、テレビを見る時間、おやつなど)を守らないで孫を扱った場合も受け入れるようにすることで嫁と姑の関係を上手く保てるようです。

子供も、家とおばあちゃんの家とのルールが違うとわかるはずです。そのため完全に姑に預けてしまわないようにして、家のルールを保つようにすることが大切です。

③パートナーを攻めない

もし、姑との関係でパートナーが自分の求めているような立場にいない場合でもパートナーを攻めないのが賢明です。パートナーは、母親に対して潜在的に感情的脅迫のような関係があるからです。特に未亡人の場合や、他に子供がいない場合はこのような関係が強いはずです。

パートナー自信も苦境にいるはずですので、できるだけ包括的な対応をすることが大切です。また、舅に相談してみるのも一つの方法かもしれません。客観的な立場で姑との関係に役立つ可能性もあります。ただ、舅が亡くなられている場合などは、姑に近い立場にいる人に相談してみるのもいいかもしれません。

④姑の長所を利用する

姑が料理が上手である場合など、「こんなに美味しい料理を作る人はいない。」などとめることも大切です。そうすることで、ますます美味しい料理を作ることに力を入れるようになります。

自分たちより長き生きている分、経験もある姑から学ぶこともあるはずです。出来るだけ長所を見つけるようにして、その部分を上手く利用するテクニックも大切です。

⑤突然姑が家にやってくる場合

多くの場合、姑の行動は予測できないかと思います。突然家にやってきて、自分自身がライラしないためにも断る理由をしっかり決めておくのが大切です。例えば、「丁度今から出かけようとしていた。」とか「病院の予約が入っていてすでに遅刻している。」など、日ごろから断る理由を考えておきましょう。

確かに嫁と姑の関係は難しいと思います。場合によっては、理性を失って感情がむきだしになって怒ってしまい、自分の気づいた大切な家庭を崩壊してしまうこともあるかもしれません。

どうしても姑との関係が上手くいかない場合は、後で後悔しないためにも出来るだけ流れに任せてみて、時間をかけてしっかりと決断することも大切かと思います。



この記事を書いたユーザー

Amk このユーザーの他の記事を見る

伊在住のby.S公式ライターです。
ZARA・GUなどのファストファッション、お洒落なセルフネイル、ヘルシーな食事などに興味があります。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • カルチャー
  • ファッション

権利侵害申告はこちら