恒星である太陽を中心に、その重力に引き付けられて回る…8つの惑星を描いた『太陽系図』。小さい頃に見た記憶があるという方も多いと思いますが、その、あまりに大きなスケールがゆえに、いまいち、大きさ等、把握出来ていない方がほとんどだと思います。

そんな中、今回紹介するのは、そんな漠然とした太陽系の惑星に着目し…

『もしも、太陽系の惑星が“月の位置”にあったらどのように見えるのか?』

という動画でして、これがとっても興味深かったので紹介したいと思います。

なお、太陽系の衛星の中で5番目に大きい『月』。地球からの距離は約38万kmで、大体↑このような感じで見えていると思いますが、一体、他の惑星はどのように見えるのでしょうか?では、想像を絶する…驚愕の姿!ご覧下さい!

『火星』

『金星』

『海王星』

月が大きく見える現象”スーパームーン”でも、こんなに大きくは見えませんよね。迫力が凄い!

『天王星』

『木星』

『土星』

圧巻なのは、やはり土星!この、土星の環(Planetary Ring)と呼ばれるリングの存在感。ハンパではありませんね。では、日常風景に溶け込んだ!?様々な惑星の姿。動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

スゲェェ(゚Д゚)ェェエエ!!!

やっぱりあの場所には、“月”がしっくりくる!と再確認してしまいますが、桁違いの宇宙のスケール。これには…本当に驚きが隠せませんね。

宇宙好きでなくとも…ワクワクするこの動画。以上、『土星デカ過ぎ!もしも月の位置に違う太陽系の惑星があったら…という動画が興味深い!』でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス