記事提供:バズプラスニュース

吉野家といえば安くて美味しい牛丼の店だが、最近は「麦とろ御膳」や「ロース豚焼定食 十勝仕立て」など、牛丼以外の料理も注目を集めている。

吉野家で、今までにない画期的なサービスが開始されたのだ!

・ボトルデータをスマホアプリに記録

なんと、吉野家で焼酎のボトルキープができるようになったのである(笑)!ボトルキープの仕方は簡単だ。

代金を前払いで支払い、そのデータをスマホアプリに記録。決められた回数だけ、焼酎を飲むことができるようになる。

・1000円も安いのは非常に嬉しい!!

つまり、アプリ上に「仮想マイボトル」をキープしておくわけである。

通常に焼酎ボトルを購入すると3000円ほどするが、ボトルキープの場合は同量で2000円で購入できるという。

1000円も安いのは非常に嬉しい!!

・実施店ならばどこの店舗でも共通して使える

また、焼酎のボトルキープ以外にも同様のサービスを展開しており、生ビール10杯分の回数券を2500円で提供するという(こちらも1000円ほどお得)。

こちらもアプリで管理できるようだ。このサービスの嬉しいところは、安いだけでなく、実施店ならばどこの店舗でも共通して使えるという点だ。

・なるべく早く全店舗で開始して欲しい

ボトルキープの実施店は、吉野家に併設して展開されている居酒屋サービス「吉呑み」がある店舗となっている。

東京都の場合、現在は3店舗で実施しているが、順次拡大していく予定だ。

「吉呑み」の店舗は360店以上あるので、なるべく早く全店舗で開始して欲しいものである。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス