私は、祖父母との思い出が少ないです。母方の祖父母は遠方に住んでいた上に病気で、私が中学生になる前に亡くなりました。父方の祖父母は離婚していたため祖母しかいませんでした。なので、実際はおばあちゃんが1人しかいないような環境で育ちました。

その祖母も厳しい人で幼心に「おばあちゃんはこわい」と思っていました。長期休みのたびに成績表を持って祖母宅へ帰省するのですが、教育者だった祖母に叱られるのではないかとヒヤヒヤしていました。

友蔵おじいちゃんが理想

そんな私の憧れの祖父母は、ちびまる子ちゃんに出てくる友蔵おじいちゃんでした!孫の頼みを何でも聞き、お母さん達にバレたら怒られそうなこともくだらない計画も一緒に実行してくれる、いつも優しく可愛がってくれる存在です。まるちゃんも何かあるとすぐにおじいちゃんに頼りますよね。笑

大人の立場としては子どもに振り回されてしまう心配で頼りないと感じるおじいちゃんですが、子どもからしたらこんな存在の大人なかなかいないですよね。子どもの要求の多くを受け入れて甘やかしてくれる大人は子どもにとって神的存在であると同時に、親にとってもありがたい存在だと思っています。

祖父母が子どもの「秘密基地」に

親はやはり叱ります。叱ることが仕事であるが如く叱ります。でもおじいちゃんおばあちゃんが孫を叱ることはしてほしくないと思っています。もちろんダメなことはダメですが親が厳しくいう叱り方ではなく「それはダメよ、ママとパパがダメって言ってるよ」くらいの叱り方でいいと思っています。(その分親がしっかりと叱る必要はありますが)できれば祖父母は子どもにとって「親からの逃げ場」、かっこよく言えば「秘密基地」のような存在であってほしいなとも思うのです。

子どもが祖父母と過ごせる時間は親と過ごす時間より遥かに少なく短いものです。だからなおさら、子どもには祖父母のことを「大好き」でいて欲しいんですよね。

子どもが祖父母を大好きでいるために

そのためには、親である私たちが祖父母(自分の親や旦那さんの親)を尊敬し大切にすることが大事だと思います。とはいえ嫁と姑、他人の家庭同士、その生活スタイルから考え方等食い違うところも多いのが現実です。イラっとすることもありますよもちろん!ただ、それを子どもの前で出すことはしないようにしています。

旦那さんとはきちんと話し合い意見するところがあればお互いの両親にそれぞれが話すようにします。例えば、長男がまだ離乳食を食べ始めた頃のこと。姑が自分の口に入れた物を出して長男に与えたことがありました。旦那さんに止めてもらいましたがすごく嫌でしたよ。笑 それから旦那さんには「自分が母親(姑)にやられても受け入れられることなら止めなくてもいいけど、やられて嫌なことは止めて」と話しました。「お前は自分の母親が口に入れて出した物を食べられるのか?」ってことです。笑

うちの場合は同居はしていないので時々会うだけの義両親のやること、ほとんどのことは受け入れています。その日だけお菓子を多めに食べても、ジュースをたくさん飲んでも、ほっぺにチューされても何ら問題はないと思うからです。子どもが祖父母と過ごして「楽しい」と思う時間を過ごせたらそれがベストだと思います。

受けた愛情を返せる人に

これから親には言えないようなことも多々でてくると思いますが、そんな時に親身に支えとなってくれる人がたくさんいてくれたら良いですよね。うちの子たちは祖父母4人とも元気に健在していて叔母さん叔父さんにあたる兄弟たちも良くしてくれます。つくづく恵まれているなぁと思う今日この頃です。

たくさんの人たちから愛をもらい、いつか周りの人に返していけるような人になってほしいと願っています。

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス