意外と知られていない調味料じゃない『さしすせそ』って?

昔から嫁姑は永遠の問題ですよね。
家族になったとはいえ、所詮は他人…壊せない壁があるのは仕方のないこと。

それでも仲が悪いよりは良い関係を築きたいですよね。
“家族問題評論家”池内ひろ美さんが伝授の『さしすせそ』をご存知ですか?

嫁姑の『さしすせそ』

出典 http://pixabay.com

【さ】…さすがですね!(相手を賞賛する)

【し】…知りませんでした。(驚きや尊敬の意を表す)

【す】…すごいですね!(相手を持ち上げる)

【せ】…せっかくですから。(相手の好意を受け取る)

【そ】…そうですね!(相手に共感する)

調味料の『さしすせそ』は有名ですが
意外と知られていない嫁姑の『さしすせそ』

知っておくと嫁姑間の会話が円滑にそして気持ちよくいられるかも。
今日から早速使ってみてくださいね。

ただ、注意点があるそうです!

“「さしすせそ」を使う努力を、嫁側だけが行うと姑は調子に乗ってお説教を始めかねませんし、逆に、姑側だけが行うと、嫁は馬鹿にされたと感じるか手に負えないほど増長しなねません。
つまり、お嫁様もお姑様も、お互いに「さしすせそ」の言葉を使ってくださるようお願いいたします。”

出典 http://app.m-cocolog.jp

適度に使う程度なら、相手を調子に乗らせず使えそうですね。

では、夫婦間ではどうでしょう。
夫婦円満にする魔法の言葉を私なりに考えてみました!
こちらは妻から夫にかける言葉の『さしすせそ』です。

妻から夫への『さしすせそ』

出典 http://pixabay.com

【さ】…さすが!!(讃えておだてましょう)

【し】…しょうがないなぁ〜♡(無理なお願いでも出来ることは可愛く受けましょう)

【す】…すごい!!(驚きや尊敬の意を込めておだてましょう)

【せ】…セクシーやん♡(夫婦になっても相手の魅力的なところを褒めましょう)
            セックスしよ!って書きたいところですが…なかなか言えないですよね。笑

【そ】…その通り!(主張を肯定しておだてましょう)

要は、おだてて上手く転がそうということです!

男の人って結構単純♪
さっそく実践してみてくださいね。

お姑さんとも仲良く、旦那さんとも円満で
夫婦長く添い遂げられるのが理想ですね。

言葉を上手く使って理想の関係を目指しましょう。




合わせて読みたいオススメ人気記事

この記事を書いたユーザー

A.Jism このユーザーの他の記事を見る

海外かぶれ✈︎のコテコテ大阪人ライターです。まだ日本では伝えられていないような海外ニュースを中心に、育児ネタ、雑学ネタを記事にしたいと思います。多くの人に感動を、そして様々な問題を考えるキッカケを与えていきたいと考えています。やんちゃな2児の育児に奮闘する傍ら、執筆活動を頑張っています★よろしくお願いします!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス