結婚する前はどこにでもある苗字でした。その苗字が大嫌いでカッコイイ苗字に憧れる私でした。そんな私が国際結婚をし、外国姓を名乗る事に。初めは嬉しかったのですが、想像以上に大変だったのです。

しかし、私の周りには国際結婚をしている人が多いのですが、皆が外国姓を使っている訳ではなく自分に合った方を選んでいるようです。

国際結婚の苗字

日本と外国共に夫の姓

私はこのパターンです。日本で住む場合は非常に面倒ですが、同じにする事によってIDとなるパスポートの姓も統一できるので海外で住む場合に手続きが楽になる事もあります。

姓を変えない

日本でずっと住む場合は夫の性を使うよりも、今までの性を名乗った方が楽です。

日本は自分の姓。外国は夫の姓

どちらの国も柔軟に対応できるので便利そうですが、手続きが大変そうです。



日本で夫の姓を名乗るのは大変

実際名乗ってみて大変だったことは・・・。

病院は大変

まず、診察で名前を呼ばれる時はすんなり呼んでもらえません。どもってしまうのは良いとして、酷い時には「○○さん(笑)」となっている時があります。なぜ笑う!そして、他の患者さんの注目の的となってしまうのです。妊娠中は頻繁に病院へ行かなければいけなかったので、大変でした。

電話は大変

これが一番大変です。まず一回では聞き取ってもらえません。お店の予約電話であれば旧姓を使うのですが、どうしても名のならければならない時はまず「分かりづらい苗字です。」「日本の苗字ではないです。」と前置きをしているのですがそれでもダメです。一文字づつ教えていかなければならず漢字で伝える事もできないので、電話で名乗るのが面倒です。

仕事は大変

苗字が変わってから、いくつか仕事をしたのですが色々大変でした。
①覚えてもらえない。
②名札を付けた時にカタカナなので苗字と認識されず、名札を指して「これは何?」と聞かれる。
③分かりづらいので、偽名を使わされた。

もう残念すぎます。

書類が大変

まず、書類に必要なハンコが売っていません。当然ですが、以前はどこにでもいる苗字だったのでハンコに困った事がなかったので作らなければいけないというのが、少し面倒でした。

それよりも大変だったのが、名前をマス目に書かなければいけない時です。大抵マス目に入りきりません。どの様に書かなければいけないのか確認しなければならない上に、対応してくれた人もその事例が無く頭を抱えてしまう場合があるんです。

面白い事も・・・

大変な事はたくさんありますが、外国姓になってから今まで言われた事ない事を言われるようになりました。それは・・・

「日本語上手ですね!」

どう見ても日本人顔の私が外国人に見られた事です。国際結婚していなければ一生言われなかったことでしょう。

最後に

大変な事は多いですが、それでも外国姓にして良かったと思います。国際結婚をしている人。これからする人。どちらを選びましたか?

おもしろ記事

この記事を書いたユーザー

Maggoo このユーザーの他の記事を見る

オランダ在住、一児の母。最近インスタにハマっており面白いネタ探しに日々インスタ徘徊中。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス